Progate(プロゲート)とは?評判・無料と有料の違い・使い方や意味ないと言われる理由を解説

最近では「副業解禁」のニュースや「人生100年時代」という言葉の影響を受けて、プログラミングなどの武器となるスキルがほしいと考える人が増えてきましたよね。 しかし、なかには以下のような悩みを抱えている人も多いでしょう。 「プログラミングを勉強したいけど、何から始めてよいのかわからない」 「エンジニア転職に興味があるけど、自分に適性があるのかわからない」 「本屋で参考書を見たけど、まったく意味がわからず諦めた」 そんな方におすすめなのが、「Progate(プロゲート)」です。本記事では、プログラミング初心者におすすめのProgateのサービス概要や活用方法を紹介します。 ※記事内の情報は2022年8月末執筆時の内容です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。 【無料カウンセリングを実施中!】 テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。 プログラミングは難しくて挫折しそう 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい プログラミング学習やIT転職に興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングをお申し込みください。 無料カウンセリングはこちら この記事の目次1 Progateとは1.1 学べる言語1.2 おすすめコース1.3 Pythonは勉強できる?1.4 ドットインストールとの違い2 Progateの特徴2.1 ビジュアル解説でわかりやすい2.2 エラーを見つけやすい2.3 ヒントが書いてある2.4 環境構築が不要2.5 アウトプットの機会が多い3 Progateの無料版・有料版の違い3.1 無料の範囲はどこまで?4 Progateの評判5 Progateは意味ない?向いている人を解説5.1 未経験からのエンジニア転職に興味がある5.2 非エンジニアだけどスキルとして身につけたい5.3 今話題のプログラミングに触れてみたい6 Progateの使い方6.1 スライドの講義を通してインプットする6.2 実際に手を動かしてアウトプットする6.3 書いたコードと答えを比較する6.4 おすすめ活用法7 Progateを勉強したら就職・副業できる?7.1 就職・副業ができるレベルのプログラミングスキルを身に付けるには8 Progateはプログラミング初心者におすすめ Progateとは 出典元:Progate Progateは、初心者向けのプログラミング学習サイトです。 100 以上の国で提供されており、ユーザー数は 270万人以上を誇ります(2022年8月現在)。 2014年にサービスが開始され、「初めてのプログラミングはProgateから始めよ」と言われるほど、プログラミング学習の登竜門として普及しました。 昔は、限られた人しかできない専門性の高いスキルというイメージがあったプログラミングも、Progateの登場によって学習の敷居が下がったとも言われています。 学べる言語 2022年8月時点で15種類の言語が学べます。 具体的に、Progateで学べる言語は以下です。 HTML&CSS JavaScript jQuery … Continue reading Progate(プロゲート)とは?評判・無料と有料の違い・使い方や意味ないと言われる理由を解説