Progate(プロゲート)とは?無料と有料で何が違う?使い方や評判も紹介

2020年1月18日発売の東洋経済で「今年こそ始めるプログラミング」という記事が取り上げられました。 最近では「副業解禁」のニュースや「人生100年時代」という言葉の影響を受けて、プログラミングなどの武器となるスキルがほしいと考える人が増えてきましたよね。 しかし、なかには以下のような悩みを抱えている人も多いでしょう。 「プログラミングを勉強したいけど、何から始めてよいのかわからない」 「エンジニア転職に興味があるけど、自分に適性があるのかわからない」 「本屋で参考書を見たけど、まったく意味がわからず諦めた」 この記事では、そんな方におすすめの「Progate(プロゲート)」というサービスの概要と活用方法を紹介します。 この記事の目次1 Progate(プロゲート)とは2 Progate(プロゲート)は無料版と有料版で何が違う?3 Progate(プロゲート)の評判4 Progate(プロゲート)で流行りのPythonは勉強できる?5 Progate(プロゲート)で学べる言語5.1 Progateで利用可能な言語5.2 Progateの目的別おすすめコース6 Progate(プロゲート)の使い方6.1 Progateの使い方①スライドの講義を通してインプットする6.2 Progateの使い方②実際に手を動かしてアウトプットする6.3 Progateの使い方③書いたコードと答えを比較する7 Progate(プロゲート)の特徴7.1 Progateの特徴①ビジュアル解説でわかりやすい7.2 Progateの特徴②エラーを見つけやすい7.3 Progateの特徴③ヒントが書いてある7.4 Progateの特徴④環境構築が不要7.5 Progateの特徴⑤アウトプットの機会が多い8 Progate(プロゲート)に向いている人8.1 Progateに向いている人①未経験からのエンジニア転職に興味がある8.2 Progateに向いている人②非エンジニアだけどスキルとして身につけたい8.3 Progateに向いている人③今話題のプログラミングに触れてみたい9 Progate(プロゲート)の活用法9.1 Progateの活用法①SNSと連携させる9.2 Progateの活用法②オフ会(もくもく会)に参加する9.3 Progateの活用法③スマホにアプリをインストールする10 Progate(プロゲート)とドットインストールの比較10.1 Progateよりもドットインストールが難しい理由①10.2 Progateよりもドットインストールが難しい理由②11 Progate(プロゲート)を勉強したら就職・副業できる?11.1 就職・副業ができるレベルのプログラミングスキルを身に付けるには12 Progate(プロゲート)はプログラミング学習初心者におすすめ Progate(プロゲート)とは 画像出典:Progate Progateは、ユーザー数100万人(2019年時点)を超える初心者向けのプログラミング学習サイトです。 2014年にサービスが開始され、現在ではプログラミング学習の登竜門と言われるほど普及しました。 「初めてのプログラミングなら、まずはProgateから始めるのがおすすめ」 このようなアドバイスをもらった人も多いのではないでしょうか。 昔は、限られた人しかできない専門性の高いスキルというイメージがあったプログラミングも、Progateの登場によって学習の敷居が下がったとも言われています。 Progate(プロゲート)は無料版と有料版で何が違う? 画像出典:Progate Progateは無料会員の場合、それぞれの言語の基礎部分(初級編)のみの体験となります。 しかし「手始めにプログラミングに触れてみたい」「それぞれの言語の特徴を知りたい」人にとっては、とてもお得なサービスとなっています。 また、月980円の有料会員になると、基礎から実践レベルで全76レッスンが利用可能となり、基礎レベルで17レッスンのみの無料会員に比べて、より深い内容まで学ぶことが可能です。 オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしませんテックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持! … Continue reading Progate(プロゲート)とは?無料と有料で何が違う?使い方や評判も紹介