実務未経験・スキルゼロからITエンジニアになる方法とは? 未経験でも応募できるITエンジニア求人も紹介!

プログラミングの実務経験がまったくない状態からITエンジニアに転職する。どうしたら実現できるか、あなたはイメージできていますか?

独学用の学習教材やプログラミングスクールが増えており、実務未経験からのITエンジニア転職が、以前より一般的に感じる方も多いと思います。

近年ではIT人材不足が叫ばれており、たくさんの企業がITエンジニアを求めています。

こうした背景もあり、プログラミング未経験者がITエンジニアに転職するケースは増えています。あなたもSNSなどで「未経験からITエンジニアに転職した!」という事例を目にしたことがあるのではないでしょうか。

このような事例を目にすると「自分にもできるかもしれない」とワクワクする一方で、「どうやって未経験から転職したの?」と疑問が生じるかもしれません。

  • 実務未経験からITエンジニアを目指す場合は、どのようなステップを踏むべきなのか?
  • どのような企業へ転職できるのか?
  • どうやって自分に合ったキャリアを見つけていけば良いか?

本記事ではこうした疑問を解消するための情報をお届けします。未経験からITエンジニアを目指すために何をすれば良いのか?本記事を読めば分かるでしょう。

ITエンジニアになれたら「働き方」や「稼ぎ方」は激変する

ITエンジニアとして働く人たちに対して「場所を選ばず自由に働けそう」「市場価値が高そう」「業界問わずどんな会社でも働けそう」などのイメージがあるかもしれません。

事実として、未経験からITエンジニアへ転職した方々も、ITエンジニアの自由な働き方や市場価値の高さを実感しています。例えば、未経験からITエンジニアへ転職した方は、1年〜3年後に年収が平