助成金の活用

助成金を活用することで研修費用を削減することが可能です。

}

助成金とは

TECH::CAMP研修は、厚生労働省が実施する 人材開発支援助成金 の対象となります。
TECH::CAMP研修は、「特定訓練コース」と「一般訓練コース」の2種類が対象です。 助成金を活用することで、プランによっては研修費用の大半が助成されます。

①特定訓練コース支給額比較表

中小企業 大企業
対象者 採用5年以内かつ35歳未満の若年受講者
定義 資本金5千万円以下
もしくは従業員100名以下
(※業界・業種により異なります。)
年間最大支給額 10,000,000円 10,000,000円
経費助成 受講料金の45%を支給 受講料金の30%を支給
賃金助成 研修時間 x 760円 研修時間 x 380円

②一般訓練コース支給額比較表

中小企業 大企業
対象者 ①特定訓練コースの対象にならない受講者
定義 資本金5千万円以下
もしくは従業員100名以下
(※業界・業種により異なります。)
年間最大支給額 5,000,000円
経費助成 受講料金の30%を支給
賃金助成 研修時間 x 380円

助成金見積もり例

助成金を活用して研修を導入する場合の実際の負担金額の事例を紹介します。

Case 研修費用が大幅助成される場合

前提条件
  1. Ruby研修応用プラン(研修費用:270,000円)

  2. 自社の社労士を活用

  3. 中小企業

  4. 特定訓練コースを選択

見積もり額
助成金計算 研修費用の45% 121,500円
時給760円 x 研修見積もり時間135h 102,600円
助成金支給額合計 224,100円
実質負担額計算 研修費用との差分を計算 270,000円
実質負担額 45,900円

助成金を活用した事例

助成金活用で費用面の不を打破!社長を説得してまでプログラミングを学ぶわけとは

株式会社フラップ様

厚生労働省が実施する人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)を活用し、3ヶ月に渡るプログラミング研修を導入した株式会社フラップにて経営企画室室長を務める松本章紀さんにお話を伺いました。

詳しく見る

IT課題を解決したい場合は、是非一度ご相談ください。

お気軽にお問い合わせください(受付時間10時〜19時)

Call 080-3533-9529

助成金申請・受給の流れ

  1. STEP 1

    受講申請

    お問い合わせフォームよりお問い合わせ頂き受講申請手続きを行います。

  2. STEP 2

    助成金利用の申請書提出

    助成金に必要な書類を社労士を通して作成して頂きます。
    ※受講開始 約2ヶ月 前に書類の準備を始める必要があります。

  3. STEP 3

    申請の認定・研修開始

    事前申請が受理された後、研修をスタートします。

  4. STEP 4

    助成金支給の申請書提出

    研修を終えた後、助成金を受け取るための申請書を提出します。
    ※終了後2ヶ月以内に申請 をする必要があります。

  5. STEP 5

    助成金受給

    事後書類を提出し、受理されると 平均10ヶ月 で助成金が支給されます。