まずは無料のキャリア相談へ
資料請求はこちら

プログラミングの質問の仕方 すぐに使えるテンプレートと回答がもらえない時の解決策

更新: 2020.11.04

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

プログラミング質問サイトを利用者の中には、質問の仕方に悩む初心者も多いでしょう。

そこで本章では、プログラミング学習で質問力を身に付けるべき理由、質問の仕方、回答がもらえない時の解決策について解説します。

Webでプログラミングの質問を初めてするという人は、まず質問サイトなどを実際にご覧いただくと、説明がより理解しやすくなるでしょう。

プログラミング学習で質問力を身に付けるべき理由

プログラミング学習で質問力を身に付けるべき理由本章では、プログラミング学習で重要とされる「質問力」を身に付けるべき3つの理由を解説します。

質問への回答が得やすくなる

1つ目は、質問に対する回答が得やすくなることです。

分かりやすい質問であれば、質問サイトで確実に回答が得やすくなり、プログラミング学習を効率的に進められます。

そのため、質問を投稿する前に一度読み直して、相手に意図が伝わるかチェックしましょう。

プログラミング学習で挫折しづらくなる

2つ目は、プログラミング学習で挫折しづらくなるからです。

質問の仕方がわかっていれば、質問サイトやSNSなどで不明なエラーなどをすぐに解決できるでしょう。

ところが、うまく質問できないと、何時間も1人で悩むことになるでしょう。場合によっては解決できなくて諦めてしまうことも。

わからないことが増えていけば、プログラミングがつらくなって挫折につながります。

プログラミング学習の自走力が身に付く

3つ目は、プログラミング学習をやり切れる自走力が身に付くことです。

質問がうまくできると、エラーに対する解決方法の知識が蓄積され、似たケースにも対応できます。

すると、質問の精度も上がり学習の効率も上がるという好循環が生まれます。

したがって、エンジニアの成長のベースとなる自走力が身に付くのです。

プログラミングの質問サイト・サービスでの質問の仕方とコツ

プログラミングの質問サイト・サービスでの質問の仕方とコツ本章では、プログラミング質問サイト・サービスで質問する際のやり方やコツなどを8つ紹介します。

自分で調べたことや実施したことを書く

1つ目は、自分で調べたことや実施した内容を書くことです。

すでに試した解決方法を示すことで、やり取りの往復を防げます。

したがって、試したことは事前にテキストエディタなどに残しておきましょう。

不明点・問題点を具体的にわかりやすく書く

2つ目は、不明点や問題点を分かりやすく書くことです。

こちらも前述した通り、相手とのやり取りの往復を防ぐためです。

具体的に分かりやすく書くことで明確な回答をもらえますから、効率よく学習を進められるでしょう。

実現したいことを明確に書く

3つ目は、実現したいことを明確に書くことです。

つまり、ソースコードを実行した際にどのような結果が出るのが望ましいかを明確に書きましょう。

これにより、明確な回答につながるだけでなく、回答者による違った視点の気付きも得られるでしょう。

タイトルで内容がわかるようにする

4つ目は、タイトルで内容が分かるようにすることです。

長くて説明の長いタイトルですと、意図が分からずスルーされてしまうかもしれません。

したがって、タイトルは解決したいこと・実現したいことを1行で簡潔にまとめましょう。

プログラミング言語やツールのタグをつける

5つ目は、プログラミング言語やツールのタグをつけることです。

teratail(テラテイル)スタック・オーバーフローなどの質問サイトでは、質問を効率よく探せるようにタグ機能がついています。

具体的なプログラミング言語やお使いのプラットフォームなどをタグ付けすれば、より迅速に回答を得られるでしょう。

ソースコードを記載する

6つ目は、試したソースコードを記載することです。

これにより、ソースコードの間違いやどこでつまずいているのかを指摘しやすくなります。

ただし、個人情報が含まれる場合は別の文字列に変えるなどして、必ずマスキングしましょう。

プログラミング環境を記載する

7つ目は、質問内容に応じてプログラミング環境を記載することです。

具体的には、開発環境(開発ツール・OS・ブラウザーなど)やプログラミング言語のバージョンなどを記載します。

これにより、エラーの原因がソースコード以外にある場合にも対応できます。

回答を待つ時間を決めておく

8つ目は、回答を待つ時間を決めておくことです。

1つの目安として、6時間を期限にするとよいです。

それまでに明確な回答をもらえなかった場合は、質問内容の見直しや別の質問サイトに再投稿するなどして、柔軟に対処しましょう。

テックキャンプが新年のチャレンジを応援

今年こそ自分を変えたい」というあなた、ITエンジニアというキャリアを考えてみませんか。

エンジニアなら、
✔一生モノのスキルが身について将来の不安がない
✔副業やフリーランスなど選択肢が広がる
✔年収が上がりやすい

日本最大級のプログラミングスクール・テックキャンプは今から行動すれば、10週間後にエンジニアに!

期間限定で受講料5万円OFFのキャンペーンも実施中。迷っている方は、まずは無料オンラインカウンセリングで不安なことを相談してみてください。

プログラミングに関するよい質問・悪い質問の例

プログラミングに関するよい質問・悪い質問の例本章では、プログラミングに関するよい質問と悪い質問の例を紹介します。

プログラミングに関するよい質問の例

  • タイトル:〇〇の戻り値がtrueなのにメールが送信されない
  • 実現したいこと:〇〇を使い、戻り値がtrueの場合にメールを送信したい
  • 問題点:本来、〇〇の戻り値をtrueにすればメールが送信できるはずなのに、実行すると「××」というエラーが発生する
  • 試したこと:5行目のコードが原因と考え、「△△」の引数を「▲▲」で再実行したものの結果は変わらず
  • ソースコード・エラー:該当のソースコードとエラーメッセージを記載
  • 結び:上記の手順以降、進め方が分からないため、詳しい方にアドバイスをいただきたいです

上記は、タイトルで解決したいことが一目で分かり、実現したいことや問題点もしっかりおさえています。

プログラミングに関する悪い質問の例

  • タイトル:メールが送信されない
  • 〇〇関数を使ってメールを送信すると、エラーメッセージが表示されて送信できません。どのように解決すればよいでしょうか。

上記は、質問内容が抽象的で、何からアドバイスすればよいのか分かりません。

そのため、無駄なやり取りが増え、エラーの解決に必要以上の時間がかかってしまいます。

プログラミングの質問をするときの基本的なテンプレート

プログラミングの質問をするときの基本的なテンプレート本章では、プログラミングの質問をする際に使える基本的なテンプレートを紹介します。

テンプレートの使い方

テンプレートがない質問サイトの場合は、下記のテンプレートのように「タイトル・実現したいこと・現状の問題点・試したこと・ソースコード」の5つを箇条書きでまとめるのがよいです。

代表的なプログラミングの質問サイトでは、決められたテンプレートが用意されている場合が多いです。

その場合は、各サイトのルールに従って記載しましょう。

質問の基本的なテンプレート

タイトル(解決したいことを1行で簡潔に記載)

実現したいこと

どのような結果を期待するのか記載

現状の問題点

起きている問題に関して具体的に記載

調べたこと・試したこと

自分で調べたことや試したことを記載

ソースコード

実際のソースコードを記載して、エラーメッセージもあれば添付

質問に対する回答がもらえないときには

質問に対する回答がもらえないときには本章では、回答がもらえないときにやるべき行動を3つ紹介します。

質問の仕方を見直して再度投稿する

1つ目は、質問の仕方を見直して再度投稿することです。

質問の意図が分かるかどうか見直し、タグ付けの漏れなどもチェックして投稿しましょう。

違う質問サイト・サービスを利用する

2つ目は、違う質問サイトやサービスを利用することです。

前もって複数の質問サイトに投稿すれば、迅速に複数の解決策が得られるでしょう。

メンターに質問し放題のプログラミングスクールを受講する

3つ目は、メンターに好きなだけ質問できるプログラミングスクールを受講することです。

プログラミングを教えるプロであるメンターにダイレクトに質問できる環境があれば、効率的に学習を進められるでしょう。

質問力はエンジニアの重要なスキルの1つ

プログラミング学習で質問力を身に付けるべき理由や質問の仕方などを解説しました。

質問力はエンジニアの重要なスキルの1つであり、実際のシステム開発現場でも求められます。

質問の仕方や事例を参考に、積極的に質問力を高めていきましょう。

期間限定・受講料50,000円OFF!今年転職するならITエンジニア

「今年こそは自分を変えたい」「何か始めないといけないな」 と思っているあなた!市場価値が高く、将来性のあるITエンジニアを目指して行動しませんか。

日本最大級のプログラミングスクールテックキャンプ エンジニア転職なら、
✔10週間でITエンジニアへ転身できる
✔転職成功率98.7%の実績
✔未経験でも30代でもパソコンを触ったことがなくてもOK

今だけ、受講料50,000円OFFの年始スタートダッシュキャンペーンを実施中!迷っている方は、まずは無料オンラインカウンセリングで不安なことを相談してみてください。

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

ダイスケ@
ビジネス, スポーツ, エンタメ関連のライティングを得意とする、元ITエンジニアです。好きなものはコーヒー,ブログ,海外サッカー,映画観賞。最近は、グザヴィエ・ドランの作品にはまっています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement