テックキャンプのキャリア相談へ
資料請求はこちら

Slackの基本的な使い方・ワークスペース・料金プランを解説

更新: 2021.01.22

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

前半の記事「Slackの基本的な使い方・ワークスペース・料金プランを解説」では、「Slackとは何か?」と題して、特徴や解決できる問題を解説しました。

後半となる本記事では、以下の内容を解説します。

  • Slackの基本的な使い方
  • Slackのワークスペースと構成について
  • Slackの料金プラン

導入を検討している方や初心者の方におすすめなので、ぜひ最後までご覧ください。

Slackの基本的な使い方

Slackの基本的な使い方を、以下の5つの機能に分けて解説します。

  • チャンネル
  • ダイレクトメッセージ
  • タイムライン
  • メッセージフィールド
  • その他の機能

ぜひインストールして、使いながら覚えていきましょう。

チャンネル

「チャンネル」は、メッセージやファイルを1カ所にまとめてチームで共有する場所です。

チーム、プロジェクト、全社員など、状況に合わせたチャンネルを作成できます。

また、必要に応じてパブリックやプライベートなどの権限を付与できるのも特徴です。

ダイレクトメッセージ

チャンネル以外のコミュニケーション手段として「ダイレクトメッセージ」があります。

これは、個人同士のコミュニケーションや一度限りの会話をする際に使えます。

最大8人まで招待できますから、チャンネルと組み合わせて柔軟に活用しましょう。

タイムライン

Slackのワークスペースの中心となるのが「タイムライン」です。

チャンネル内でメッセージが投稿されると、自動で更新されます。

過去のメッセージを確認する場合は、タイムラインを上から確認するか、キーワードで検索しましょう。

メッセージフィールド

チャンネルやダイレクトメッセージでメッセージを送るには、画面下の「メッセージフィールド」から入力します。

文字の装飾やファイルの添付なども、メッセージフィールドから簡単に行えます。

Slackのその他の機能

他にも、以下のように便利な機能が数多くあります。

  • メンション:特定のユーザーやチームに向けたメッセージを投稿
  • 通知機能:新しいメッセージがある場合、デスクトップやメールに通知
  • 音声・ビデオ通話:個人または複数人でWeb会議を開催

上記の通りで、Web会議アプリと同様の機能が、Slackにも備わっているのです。

Slackのワークスペースと構成について

Slackの使い方と合わせて理解すべきなのが、ワークスペースとメンバーの構成です。

Slackの構成はシンプルで難しくありませんから、本章で確実に学びましょう。

ワークスペース・チャンネル・スレッドについて

Slackの全体の構成を考える上で重要な機能は、以下の3つです。

  • ワークスペース
  • チャンネル
  • スレッド

上記の3つを理解することが、Slackの理解につながりますから、必ず覚えておきましょう。

ワークスペース

「ワークスペース」は、会社や学校などの組織全体を表す言葉です。

Slackを会社に導入する場合、まずワークスペースの作成から始まります。

社員はワークスペースにログインし、その中で各々必要なチャンネルを作成します。

チャンネル

「チャンネル」は、ワークスペース内にある複数のグループのことです。

ワークスペースを会社に例えるなら、チャンネルは営業部や人事部などの部署に相当します。

前述したように、プロジェクトやチーム単位で自由にチャンネルを作り、チャンネル内でコミュニケーションを取ります。

スレッド

「スレッド」は、チャンネル内で発生した1つの話題やテーマをまとめる機能です。

チャンネル内では、複数のテーマで会話が入り乱れることも少なくありません。

そこで、メッセージをスレッド化すると、話題ごとに発言をまとめられるため、1つ1つの発言を整理する手間がなくなります。

ワークスペースのメンバーの構成

会社における社長、部長、一般社員のように、Slackのワークスペースにもメンバー構成が存在します。

ワークスペースのメンバーの構成は、以下の4つです。

  • ワークスペースのオーナー
  • ワークスペースの管理者
  • メンバー
  • ゲスト

Slackを導入する際に必要な知識ですから、こちらも覚えておきましょう。

ワークスペースのオーナー

「オーナー」は、重要事項に関する決定権を持つメンバーで、なれるのは1名だけです。

与えられる権限の例としては、以下の通りです。

  • チャンネル保存ポリシーの設定
  • ワークスペースの名前、URL、言語、表示ガイドラインの設定
  • メンバー全員のパスワードのリセット

上記のような権限を持ち、場合に応じて役割を信頼する他のユーザーに引き継げます。

ワークスペースの管理者

「管理者」は、ワークスペース内のメンバー管理やチャンネル管理を担います。

与えられる権限の例としては、以下の通りです。

  • チャンネルの変更や削除
  • ワークスペースの管理者を任命
  • メンバーのアカウントの解除

上記の通りで、役職のある方や上司の方などが適任といえるでしょう。

メンバー

「メンバー」は、オーナーと管理者を除く、一般のアカウントに割り当てられる役職です。

与えられる権限の例としては、以下の通りです。

  • パブリックチャンネルへの参加や作成
  • プライベートチャンネルからのメンバーの削除
  • 新しいメンバーの招待

上記の通りで、チャンネルやアプリの追加はメンバーの方でも行えます。

ゲスト

「ゲスト」は、ワークスペースに招待されたアクセス制限のあるユーザーです。

例えば、社外の方をチャンネルに加えたい場合は、ゲストに割り当てて招待します。

また、ゲストはチャンネル内のメンバーとしか会話できません。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。教室でもオンラインでも学習が可能です。テックキャンプには「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」があるので、転職成功率は98%以上!

今後のキャリアに迷っているなら、一度無料カウンセリングで相談してみませんか?プロのカウンセラーがあなただけのキャリアプランを提案します。オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご活用ください。

Slackの料金プラン

Slackには、4つの料金プランが存在します。

  • フリープラン
  • スタンダード
  • プラス
  • Enterprise Grid

それぞれの料金や機能について、解説します。

フリープラン

  • 無料
  • メッセージは直近の10,000 件までアクセスが可能
  • 1対1の音声・ビデオ通話

「フリープラン」は、履歴へのアクセスが直近の10,000件までに制限されています。

しかし、チャンネルの作成は無制限で、通話やアプリ連携も最低限行えます。

無料版としては十分な機能が備わっているといえるでしょう。

スタンダード

  • 月額850円(アクティブユーザー1名あたり、年払い)
  • 履歴やアプリとの連携が無制限
  • 外部組織やゲストの招待

「スタンダードプラン」は、上記の機能が追加されるため、よりビジネスでの利用に期待できるでしょう。

プラス

  • 月額1,600円(アクティブユーザー1名あたり、年払い)
  • 24時間7日間体制のSlackサポート
  • 99.99%のアップタイム保証

「プラスプラン」は、スタンダードよりも快適かつセキュアな利用が可能です。

Enterprise Grid

  • 料金は導入する企業により異なる
  • ワークスペースを無制限に作成できる
  • 組み込みのセキュリティとコンプライアンス機能

「Enterprise Grid」は、最大50万人のユーザーに対応でき、大規模かつ複雑な組織での活用がおすすめです。

Slackを使えば生産性アップが可能

Slackの基本的な使い方、ワークスペースと構成、料金プランについて解説しました。

Slackを使えば、コミュニケーションの質が上がり、生産性がアップします。

しかし、正しい使い方や構成を理解しないと、逆に生産性を落としてしまうかもしれません。

したがって、正しい知識をつけて活用し、生産性の高いビジネスパーソンを目指しましょう。

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプでエンジニア転職を叶える

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ初心者専用の教育プログラム。受講生はほとんどが非IT業界出身で、99%がプログラミング未経験です。それでも転職成功率は98%以上!

秘訣は、教室でもオンラインでもやりきれる「徹底した学習サポート体制にあります。

まずは無料オンラインカウンセリングで、不安に思うことを相談してみませんか。どんな小さなお悩みもプロのカウンセラーが丁寧にお答えします。 今年こそIT転職の第一歩を踏み出しましょう。

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

ダイスケ@
ビジネス, スポーツ, エンタメ関連のライティングを得意とする、元ITエンジニアです。好きなものはコーヒー,ブログ,海外サッカー,映画観賞。最近は、グザヴィエ・ドランの作品にはまっています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement