プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決! 無料キャリア相談はこちらから

スマートフォンやパソコン画面をダークモードにするメリットは?

作成: 2020.07.01 更新: 2020.07.14

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

スマートフォンやパソコンの画面を、黒を基調とした配色に設定できる「ダークモード」。

iPhoneでもiOS13以降にバージョンアップすることで、ダークモードへの切り替えが可能となりました。

しかし、ダークモードにすることで画面の外観や端末を使うユーザーの気分は大きく変わるものの、機能が変わるわけではありません。

では、スマートフォンやパソコンの画面をダークモードに設定することには何のメリットもないのでしょうか。本記事では、ダークモードのメリットについて紹介します。

画面をダークモードにするメリット

ダークモードには、次のようなメリットがあると言われています。

それぞれ見ていきましょう。

  • 見た目の印象が変わる
  • バッテリーの持ちが良くなる(有機ELディスプレイ)

かっこいい印象がある

ダークモードにするメリットは、見た目のかっこよさ、スタイリッシュさが上がることでしょう。

ダークモードをかっこいいと感じるかは個人の印象によるとは思いますが、通常のモードとは違うという点に特別さを感じる人は多いのではないでしょうか。

バッテリーの持ちがよくなる

有機ELディスプレイ(液晶のように多層構造ではなく1枚のみの画面)のスマホの場合、ダークモードの方がライトモードよりもバッテリーの持ちがよくなるとされています。

例えば、iPhone XSは有機ELディスプレイのiPhoneです。

以下の動画では、実際にiPhone XSを使い、全く同じ動作を行った時のダークモードとライトモードそれぞれのバッテリー消費速度を比較しています。

結果として、ライトモードの充電が0になった時、ダークモードでは30%の充電が残っていました。

これは、有機ELディスプレイの性能が大きく関わっているとのことです。

有機ELは必要な画素のみ発光する仕組みとなっているため、発光していない部分は電力を消費しない状態になります。

つまり、発光する部分の少ないダークモードの方がライトモードよりバッテリーが長持ちするということです。

「ダークモードは目が疲れにくい」は本当?

ダークモードには「目が疲れにくい」というメリットがあるとされています。
確かに、光を強く感じるライトモードに比べ、暗いダークモードの方が目にやさしく感じます。

実際のところ、ダークモードの方が目にやさしいかというと、決してそうとも言い切れないようです。

こちらについても解説します。

「環境」によって目にかかる負担が変わる

下記の記事によると、ダークモードにすれば目にかかる負担が軽くなるわけではない様子。

画面を見続けている以上は、ダークモードでも目は疲れてしまうそうです。

また、画面を見ている環境も大きく影響するとのこと。

例えば、明るい場所では黒い背景に白く表示される文字は読みにくいとされています。つまり日中にダークモードを使用すると、目に負担がかかりやすくなる可能性があるようです。

反対に暗い場所だと黒い背景の方が文字なども読みやすくなるため、目にかかる負担も軽減されるとされています。

すなわち、ダークモードが目にやさしいかどうかは、使用する時間帯や環境によって変わると言えるでしょう。

ダークモードだからと言って長時間画面を見続けてもいいわけではなく、適度に休息を取ることをおすすめします。

参考サイト:「ダークモード」は、本当に“目に優しい”のか? 5つの観点から科学的に検証した結果

コロナ禍でも安心してエンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験から約99%がエンジニア転職を実現しているプログラミングスクールです。 テックキャンプはコロナ禍でも安心して受講が可能。「徹底したサポート」「やりきれる学習環境」を自宅で学べるオンラインスタイルと感染防止対策を徹底した教室受講のどちらでも提供しています。 キャリアに悩む前に、まずはテックキャンプの無料カウンセリングを受けてみませんか?

あなたはライトモード派?ダークモード派?

ライトモードとダークモード、どちらを使うかは、やはり外観の印象に大きく左右されるのではないかと思います。
どちらが見やすいか、かっこいいかが重要な要素となるでしょう。

ここで、SNSに寄せられる、スマホ・PC画面のライトモードとダークモードに関する意見をご紹介します。ライトモード派とダークモード派、かなり意見は分かれているようです。

あなたはどちらの意見に共感するでしょうか。

ライトモード派の意見

ダークモード派の意見

気分転換にダークモードに切り替えるのもあり

ダークモードには「かっこいい」「バッテリーの持続時間が長くなる」などのメリットがあるとわかりました。

ただ、ダークモードにする一番のメリットは、気分転換にあるのではないかと感じます。

普段の仕事環境を少し変えるだけでも、作業スピードに差が出るものです。

慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、今のスマホやPCの環境に飽きてしまっている方は、ぜひダークモードも試してみてください。

累計受講者数は15,000人以上のテックキャンプ!オンライン受講可能

初めてプログラミングを学ぶなら、テックキャンプ プログラミング教養。累計受講者数は15,000人以上!※2020年6月時点の累計

テックキャンプには、テクノロジーを学んだことでキャリアアップに繋がった事例が数多くあります。

コロナウイルス感染防止のため自宅にいる間でも、最初から最後までオンラインで受講が可能です。外に出られない今こそスキルアップのチャンスと捉えませんか?

まずは、プロのカウンセラーと話しながらプログラミング学習の理解を深められる無料オンラインカウンセリングに参加してみてください。

無料オンラインカウンセリングを予約する

この記事を書いた人

Avatar
新卒でベンチャー企業の営業に就職。残業がほぼない会社だったため、仕事が終わったら趣味のブログを書く毎日を送っていました。3年ほど勤めて退職し、ブログをきっかけにテックキャンプ ブログでライターデビュー。好きなものはマンガ、テニス、イラスト、サメです。