オンラインでプログラミングを習得した人の話を読む

パソコンを処分するための7つの方法と基礎知識について解説

作成: 2020.05.21 更新: 2020.05.20

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

未経験から10週間でエンジニアへ!転職事例はこちら

「パソコンが古くなったので買い換えたい」「パソコンが壊れたので処分したい」

このような時に、パソコンをどのように処分したらいいのか悩んでしまう人もいると思います。

パソコンは正しく処分しないと、法令違反になったり、データが流出したりといった状況を招くこともあります。

そこでこの記事では、パソコンを安全に処分するための7つの方法と押さえておきたい基本について解説します。

パソコンは正しく適切に処分する必要あり

パソコンは、ただゴミ収集に出せばよいというわけではありません。正しい方法を理解して、適切に処分する必要があります。

まずは、パソコンを処分する際の基礎知識を理解しましょう。

情報漏えいにつながるリスクがある

パソコンを処分する際は、データ消去を行わないと情報漏えいにつながるリスクがあります。

パソコンには、基本的にHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)といった記憶装置が搭載されています。

この記憶装置があるおかげでファイルやアプリを保存でき、パソコンが便利に使えるのです。

パソコンを処分する際には、この記憶装置に保存されたデータを慎重に扱う必要があります。

プライベートで使っていた場合には、個人情報などの漏洩の危険があります。仕事でも使っていた場合には、企業の機密情報などが流出する場合も。

データの管理は個人の責任となるため、情報漏えいにつながるリスクがあることを理解して、安全にパソコンを処分する方法を考えましょう。

不安な場合には、専門業者やメーカーに回収を依頼すると安心です。

ストレージ上のデータについては、“守るべき情報は自分で守る”という自己責任の原則に則り、あくまでもユーザの責任で管理されるべきものである。
引用元:パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項

正しく処分しないと法令違反になることも

パソコンは適切な方法で処分しないと、法令違反で処罰されるケースもあります。

パソコンのパーツには、再利用できる価値のあるものも含まれています。そのようなパソコンのパーツを資源として再利用するために、日本では資源有効利用促進法が定められているのです。

基本的に、資源有効利用促進法に基づいてパソコンのメーカーによる回収が義務付けられています。

また、ユーザーも正しい方法で適切に処分しないと、法令違反になる可能性があるので注意が必要です。もちろん、不法投棄は違法ですのでやめましょう。

無許可の回収業者の利用はNG

無許可の廃棄物回収業者の利用はNG。なぜなら、法令を守った処理が行われているか国が確認できないからです。

無許可の廃棄物回収業者の例は以下のとおりです。

  • 町中を車で巡回
  • ポストなどにチラシを配布
  • インターネットで広告を出している
  • 空き地で回収を行なっている

不法投棄や不適正処理が問題となっているため、安易にこのような業者を利用するのはやめましょう。

パソコンの7つの処分方法

パソコンの7つの処分方法について記載します。それぞれの方法の違いについて理解して、自分にあった処分方法を選びましょう。

パソコン無料回収サービスを利用する

法律を遵守したパソコン無料回収サービスを利用する方法です。

宅配回収・無料回収に対応しているサービスも多く、すぐにパソコンを処分したい時に便利。

データ消去を行なってくれるサービスを利用すると、安心してパソコンを処分できるでしょう。

おもなパソコン回収サービス

パソコン無料回収サービスでパソコンを処分する時のポイント

  • データ消去を依頼することも可能
  • ディスプレイなどの処分に対応していない場合がある
  • 基本的に無料で利用できる

パソコン買取サービスで売却する

リサイクルショップなどの、パソコン買取サービスを利用して売却する方法です。

ノートパソコン・デスクトップパソコン・モニター一体型パソコンなど、幅広いタイプのパソコンを買い取ってもらえます。

ハイスペックなパソコンを処分したい時におすすめです。買い替えなどの際に利用するとよいでしょう。

店頭への持ち込み・宅配など、さまざまな方法に対応しているサービスが多いです。

ただし、壊れていたり、モデルが古かったりといった場合には、買い取りしてもらえないこともあるので要注意。

おもなパソコン買取サービス

パソコン買取サービスで処分する時のポイント

  • 幅広いタイプのパソコンの買い取りに対応
  • 買い取りができないモデルもある

メーカーの回収サービスを利用する

上記でも紹介した通り、パソコンのメーカーには製造したパソコンを回収する義務があります。

処分したいパソコンにPCリサイクルマークがついていれば、無料でメーカーに回収してもらえます。

リサイクルやリユースを前提としているので、データ消去に対応しているケースが多いです。

ただし、製造したメーカーのパソコンに限られるので、他のメーカーのパソコンは回収不可。また、回収を依頼してから完了まで1週間以上かかる場合があるので、すぐにパソコンを処分したい時には適していません。

AppleLenovo富士通NECなどのメーカーは、下取りや買い取りも行なっています。

メーカーの回収サービスでパソコンを処分する時のポイント

  • 他のメーカーのパソコンは回収してもらえない
  • PCリサイクルマークがあれば無料だが、なければ有料
  • 下取りや買い取りを行なっているメーカーもある
  • 処分するまでに時間がかかる
  • データ消去に対応しているメーカーが多い

家電量販店で買い換える時に下取りに出す

家電量販店などでパソコンを買い換える時に、あわせて下取りに出す方法です。中には、買い取りや処分のサービスを提供している場合もあります。

回収とは異なり、下取りによる値引きが受けられる点がポイント。店頭への持ち込みや宅配で、下取りの依頼ができます。

データ消去に関しては、対応は家電量販店によって違うので注意が必要です。

下取り・買い取りを行なっているおもな家電量販店

家電量販店でパソコンを処分する時のポイント

  • 下取りで値引きが受けられる
  • 店頭持ち込みや宅配などのさまざまな方法に対応
  • データ消去は家電量販店ごとに確認が必要

各自治体の回収ボックスに入れて処分する

各自治体の小型家電回収ボックスに入れて処分するという方法です。

平成25年から施行された小型家電リサイクル法により、パソコンを小型家電として無料で回収している自治体も増えています。

回収を行なっていない自治体もあるので、お住いの地域が実施しているか事前に調べましょう。

また、無料でパソコンの処分が可能ですが、「回収できるサイズは30cm未満のものが対象」など処分のルールが決まっているので確認が必要です。データ消去も自分で行なう必要があります。

自治体の回収ボックスでパソコンを処分する時のポイント

  • 無料で回収してもらえる
  • データ消去は自分で行なう
  • 自治体の実施の有無や処分方法の確認が必要

オークションやフリマアプリなどで人に譲る

オークションやフリマアプリなどで、他の人に譲るという方法です。

人気モデルや最新モデルであれば、買い取りなどよりも高く売却できるでしょう。

ただし、データの復元がされる危険性など、他の人にパソコンを渡すリスクを十分にケアできる人でない限りおすすめできません。

知人や友人など信頼できる人に引き取ってもらうのであれば、ある程度安全性は高められるでしょう。

パソコンの処分方法の1つの選択肢として覚えておいてください。

オークションやフリマアプリでパソコンを処分する時のポイント

  • データ消去は自己責任
  • 買い取りや下取りよりも高く売却できる
  • リスクが高いのでパソコンの処分方法としてはおすすめできない

パソコン3R推進協会に有料で回収してもらう

使用済みパソコンのリデュース・リユース・リサイクルを推進している、パソコン3R推進協会に有料でパソコンを回収してもらう方法です。

以下のようなケースで、パソコンが処分できない時に利用するとよいでしょう。

  • メーカーが倒産して回収してもらえない
  • 製造メーカーが不明
  • 自作パソコン

家庭から排出されるパソコンの回収申込み | ご案内 パソコン3R推進協会

テックキャンプはオンラインでも最高の学習環境を提供しています

キャリアに悩んだら、テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか。

「年収を増やしたい」「エンジニアに興味がある」「IT業界転職に興味がある」こう思っている方は、ささいなことでもプロのカウンセラーに是非相談してみてください。カウンセリングを受けた99%の方が悩み解決を実感しています。※2018年10月24日~11月16日(アンケート回答数106名)

現在オンラインカウンセリングを実施中。パソコン・スマホで自宅から受けることができます。オンラインカウンセリングのやり方は、URLを開くだけで簡単なので心配ありません。

コロナウイルス感染症拡大対策の影響もあり、自宅で過ごすことが増えています。
テックキャンプは、オンラインでの学習が可能です。オンラインでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと『やりきらせる学習環境』を変わらずご提供します。

方法ごとの特徴を考慮し、最適な方法でパソコンを処分しよう

パソコンを処分する際には、様々な選択肢があります。

各処分方法は、コスト・手軽さ・安全性などそれぞれ特徴が異なります。

何を重視するのか、どのようなリスクがあるのかを考慮し、最適な方法でパソコンを処分しましょう。

挫折せずにやり切れる!テックキャンプならではのオンライン学習とは?

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%オンラインで学習が可能です。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプの魅力は教室だけではありません。オンライン・オフラインどちらでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと「やり切らせる学習環境」を提供します。

オンラインでプログラミングを習得した方のインタビューをぜひ読んでください。オンライン学習の感想や学習をやりきるコツがわかります。

オンラインでプログラミングを習得した人のインタビューをみる

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。