ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

iPhoneのスクショ機能で画面を保存!無音での撮影方法や注意点も解説

作成: 2020.05.07

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

「この画面、後でもう一度見たい!」

iPhoneを利用しているとき、そんなシーンはありませんか?

検索した文章や写真の情報をその場ですばやく保存したい時は、iPhoneの画面をスクショ(スクリーンショット)を活用しましょう。

本記事では、いつでも使えて便利なiPhoneのスクショ機能について紹介します。

スクショの撮り方や注意点なども詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

iPhoneのスクショ機能を活用しよう

iPhoneには、とても便利なスクショという機能があります。
どのようなものなのか、具体的に紹介していきます。

iPhoneのスクショってどんな機能?

スクショとは、iPhoneの画面に表示されている内容を、そのまま画像として保存できる機能です。
例えば、iPhoneのホーム画面やブラウザでの検索結果画面、Google マップの画面なども画像として残せます。

iPhoneの機種によって操作方法は多少違いますが、簡単なボタン操作で1秒ほどでスクショが撮れます。

スクショを活用するメリット

スクショには、後で見たい画像や情報をその場で素早く写真に残せるというメリットがあります。
例えば、Safariで事前に検索しておいた情報が、必要な時に再検索しても見つからなかったという経験はありませんか?

そんな時、検索した時点でスクショを撮っておけば、後で写真アプリからすぐに確認できるのです。これで、再検索する手間も省けますよね。

スクショはiPhoneの機種ごとに操作方法が異なる

iPhoneでスクショを撮る方法は機種ごとに異なります。
ホームボタンがあるか否かで操作方法が分かれるので、まず確認してみましょう。

ホームボタンがある機種の撮影方法

まずは、ホームボタンがある機種のスクショ撮影方法です。

ホームボタンがある場合は、iPhone側面にある「サイドボタン」と「ホームボタン」を同時に押すことでスクショが撮れます。

この操作方法に対応しているのはiPhone8以前の機種と、2020年4月発売のiPhoneSEです。

ホームボタンがない機種の撮影方法

次に、ホームボタンがない機種のスクショ撮影方法です。

ホームボタンがないiPhoneでは「サイドボタン」と「音量を上げるボタン」を同時に押してスクショを撮ります。

この操作方法に対応しているのはiPhone X以降の機種です。

スクショ撮影後は画像編集が可能

iPhoneでスクショを撮った際は、すぐに画像編集が可能です。

スクショを撮った画面は、すぐに縮小されたサムネイル画像が画面左下に表示されます。

その画像をタップすることで、その場で編集できます。編集画面では、トリミングや画像への装飾ができます。

編集が終わったら、画面左上の「完了」をタップし、以下の選択肢を選びましょう。

  • “写真“に保存:カメラで撮った写真と同じ場所に保存される
  • “ファイル“に保存:ファイルアプリに保存される

また、縮小されたスクショ画面をタップしなかった場合には、5秒後に「写真」へ保存されます。

今なら受講料30,000円OFF!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎今なら9/23~30限定で受講料30,000円OFF!
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

無音でスクショを撮る方法

スクショを撮る時には、カメラ撮影時と同じように「カシャッ」というシャッター音が鳴ります。
周囲が気になる、という方もいるではないでしょうか。

そのような場合には、撮影音を消して利用しましょう。

マナーモードで無音のスクショが可能

スクショの音を消す方法は簡単で、iPhoneをマナーモードにするだけです。

iPhoneの側面にあるサイレントスイッチで消音モードにすることでスクショの音を消せます。

ただし、カメラ撮影のシャッター音は消すことができませんので注意しましょう。

シャッター音の調節も可能

スクショのシャッター音は、以下の手順で音量調整ができます。

  1. 「設定」→「サウンドと触覚」をタップ
  2. 「着信音と通知音」の音量バーを設定

「ボタンで変更」をオンにしておくことで、iPhone本体の音量ボタンで調節できるようになります。

接続したイヤホンに音を逃がすことも可能

iPhoneにイヤホンを接続しておくことで、スクショの音をイヤホンに逃すこともできます。
iPhoneに有線あるいは無線(Bluetooth)イヤホンを接続しておくだけでOKです。

これで、スクショの音はイヤホンを通して聞こえるようになるため、周囲に音が聞こえなくなります。

ただし、イヤホンを接続してもカメラ撮影のシャッター音は、iPhone本体のスピーカーから聞こえますので注意しましょう。

iPhoneでスクショができない時は

ネガティブiPhoneでスクショをしようと試みても、なかなか上手くできない場合があります。
その理由としては「ボタンを押すタイミングが合っていない」「ボタンの効きが悪くなっている」「本体自体に不具合がある」などの可能性が考えられます。

そんな時は、以下のような対処法を試してみましょう。

Assistive Touchを使う

Assistive Touch機能を使えば、画面をタップすることでスクショが撮れます。

  1. 「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」の順にタップする
  2. 「Assistive Touch」をタップして、「Assisve Touch」をオンにする
  3. 「カスタムアクション」で、任意のアクションを「スクリーンショット」に割り当てる

あとは、iPhoneの画面に表示されている白いボタンを操作すればスクショが撮影できます。

再起動する

本体に不具合が生じてスクショが撮れない場合もあります.

その時は、1度iPhoneを再起動することで正常にスクショが撮れるようになることがあります。

再起動した後に、再度試してみましょう。

iOSの修復を行う

iOSをはじめとしたソフトウェアに問題がある場合には、iOSの修復で改善する可能性があります。

修復には、iTunesや専用の修復ツールを使って行う方法があります。

iTunesの場合は、パソコンとiPhoneを接続してiTunesを立ち上げ、デバイスを選択後にアップデートを選択することでiOSが再インストールされます。

修復ツールは様々なものがあり、レビュー等を調べて信頼できるものを選ぶことが重要です。

修理が必要な場合も

ボタンが壊れている場合には修理が必要です。
iPhoneの修理は、Appleの店舗やiPhone修理を専門とする業者に依頼しましょう。

修理料金は、AppleCareのサポート期間内の場合や、専門業者によっても違いますので、まずは問い合わせてみましょう。

修理費用によっては、機種変更等を検討してみてもよいかもしれません。

スクショの使用時に気をつけたいポイント

スクショは手軽に画面を記録できる便利な機能です。
頻繁に使用する機能ですが、一方で使用時に気をつけたいポイントもあります。

スクショで撮影できないページもある

まず、iPhoneですべての画面をスクショできるわけではないということを覚えておきましょう。

例えば、Netflixなどの動画配信系アプリは、画面をスクショしても真っ黒な画面となり、何も写りません。

また、著作権侵害などに関わるコンテンツは、スクショ後の扱いによっては違法となる場合もありますので、意識しておくことが大切です。

非公開のやり取りを公開される可能性がある

スクショは、SNSの画面を撮影できます。
後で見るために友人との会話や発信内容をスクショする使い方もありますが、他人とのやり取りを画像として保存した場合には取り扱いに注意しましょう。

LINEやDMなど、当人同士のプライベートなやり取りも、スクショを撮れば簡単に公開できてしまうからです。

扱い方次第では、個人や企業が批判の対象となり、大きなダメージにつながる可能性があります。

スクショに対する心構え

悩みスクショは簡単に加工できるため、場合によっては内容を捏造されるケースもあります。
信頼できる人以外とのやり取りでは、話す内容や言葉遣いなどにも注意しなければなりません。

また、世の中に出回るスクショの内容を鵜呑みにしないよう意識することも大切です。

iPhoneをもっと便利&快適にするスクショ機能。使い方にも注意を

スクショの使い方を覚えれば、iPhoneをもっと便利に快適に使えます。
ただし、手軽に使える機能だからこそ注意すべき点があることも意識しなければなりません。

便利なスクショ機能を正しく使って、iPhoneの利用方法を広げましょう。

受講料30,000円OFF!先の見えない時代でも求められる人材「ITエンジニア」を目指すチャンス

「今の仕事は、10年後も必要とされているだろうか……」と、将来の働き方に不安を抱えていませんか?
不安定で先の見えない時代でも求められる人材になりたいなら、ITエンジニアがおすすめです。
テックキャンプなら、IT業界未経験・知識0の人でもエンジニア転職を実現できます。
今なら、9/30までの期間限定で受講料が30,000円OFF!
無料オンラインカウンセリングで、今すぐIT転職への不安を解消しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

佐久森
テックライター 佐久森 福岡県出身の東京都在住。ITインフラエンジニア10年以上の経験から、IT技術全般を初心者向けに分かりやすく解説。また、ITエンジニアの働き方に関する情報などを執筆中。