ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

【コロナ対策】テレワークの最適ツール・ヘッドセットとは?概要や選び方を解説

作成: 2020.04.18 更新: 2020.07.14

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

新型コロナウイルス感染症対策を機に、テレワークによる在宅勤務を行う人が増えています。

それに伴って、ヘッドセットの需要が大きく伸びています。

この記事をご覧の方の中にも、テレワーク用のヘッドセットをお探しの方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、ヘッドセットとはどういうものなのか、種類ごとの特徴やメリット・デメリットを紹介します。

仕事にもプライベートにも役立つ、ヘッドセットをぜひ活用してみましょう!

様々な機能が魅力のヘッドセットとは

ヘッドセットとは、相手の声を聞くためのヘッドフォン・イヤホンと、自分の声を届けるマイクが一体となったツールです。
ヘッドホンのように頭にかけるタイプだけでなく、耳にかけるもの、片耳だけ使うものなど多種多様な種類があります。どれもハンズフリーで使用できるため、通話しながら作業をする際に最適です。

PC、タブレット、スマートフォン、ゲーム機などと連携させられるので、テレワーク時のWeb会議といったビジネスだけでなく、家族や友人との通話や娯楽にも使用可能です。

種類も用途も様々な、ヘッドセットの特徴を具体的に紹介していきます。

ミーティング通話にもゲームにも活躍!ヘッドセットの用途

使い方次第で色々なシーンで活躍してくれるヘッドセット。
ここでは、ビデオ通話をはじめ、そのほかの様々な用途について見ていきます。

ビデオ通話

ヘッドセットは、テレワークでの遠隔会議や、英会話講座の受講などに最適です。
ヘッドセットを使うことで通話中も両手が自由に使えるので、キーボードやマウスの操作も可能です。会議資料の内容やメールを確認したり、議事録をとったりする際に役立つでしょう。

一言一句を聞き逃したくないこれらの状況では、声がしっかりと聞けて、相手にも届けられることが何より大事になります。

ヘッドセットを選ぶ際には、後述するノイズキャンセリング機能がついた製品を選ぶなど、通話品質にこだわるとよいでしょう。

ゲーム

最近のゲームは、他のプレイヤーと協力・対戦できるオンラインプレイに対応しているものが沢山あります。
ヘッドセットを利用すれば、インターネットでつながる他のユーザーと会話をしながら、コントローラーやキーボードを使って快適にプレイできます。

ゲーム用のヘッドセットを選ぶ際には、サラウンドに対応した製品を選ぶと、立体的な音響が楽しめます。相手や味方の位置を音の方角で判断することもでき、ゲームプレイにも役立つでしょう。

また、ゲームでは長時間使用することが多いため、装着感や疲れにくさといった点がポイントになります。

スマホ利用をより快適に

ヘッドセットを上手に活用すれば、いつものスマートフォンでの通話もより快適になります。
機種によってはスマートフォンをカバンに入れたままの通話も可能で、会話をしながらメモをとることもできるでしょう。仕事や他の作業を並行しながら通話が可能なため、取引先や社内と頻繁に連絡をとるビジネスマンには特におすすめです。

機種によっては、パソコンとスマートフォンなど複数の機器に接続して使い分けられるものもあります。

また、片耳タイプであれば周囲の音も聞き取れるため、外出先で使用する際も安心できます。

録音・ライブ配信

ヘッドセットはマイク部分が固定されているため、音が安定することから録音にも向いています。
YouTubeなどの動画サイトで自身の歌や楽器演奏を公開する人が増えています。そのような配信をする人にとってヘッドセットは両手を使えるため、楽器やパソコンを扱いながら録音できるので最適です。

また、最近はヘッドセットを使いながら路上ライブをするミュージシャンも目にするようになりました。音質面での性能向上のほか、安定して音声入力ができる点が大きな理由と言えるでしょう。

自宅で学べて安心!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

ヘッドセットの種類とそれぞれの魅力

音声の送受信が主な機能であるヘッドセットは、その形状や機能で大きく4種類に分けることができます。
ここでは、それぞれのタイプの特徴とメリット・デメリットを紹介していきます。いずれのタイプも一長一短ですので、用途に合わせてどれを選ぶかを判断する参考にしましょう。

ヘッドホン型

頭に被せるタイプのヘッドホンの形をしたタイプです。
固定する範囲が広いため、動いた時にズレたり落下したりすることが少ないのが特徴です。音が出るヘッドホン部分を耳にしっかりと当てることができ、安定した通話が可能になります。

一方で、折りたたみ式のものもあるとは言え全体的にサイズが大きいものが多く、持ち運びには不便と言えるでしょう。疲れやムレを防ぐためにも、つけ心地のよいフィット感のあるものを選ぶのがおすすめです。

カナル型

カナル型とは、イヤホンのような形状で、耳の奥に差し込むようなタイプを指します。
耳への密着性が高いため、周囲への音漏れが少ないのが特徴です。

イヤホンのように軽量でコンパクトなため、持ち運びしやすいのもポイントです。

一方で、コードが擦れた時のノイズがダイレクトに耳の中に伝わりやすい点、ケーブルが細いために断線しやすい点などのデメリットもあります。

ネックバンド型

首にコードを引っ掛けるように使用するタイプです。
首周りから耳までに収まるので髪型への影響が少なく、圧迫感などを感じにくいのが特徴です。また、ワイヤレス製品と違って、いつの間にか耳から外れて落としてしまう、といった事態の心配もいりません。

気になるポイントとしては、コードがある程度の長さがあるのでかさばりやすい、製品によっては首にかかる負担が気になるといった点があります。

耳掛け型

耳にフックを引っ掛けることで固定するヘッドセットで、イヤーフック型とも呼ばれています。
耳掛け型は片耳しか使用しないタイプの製品が多く、耳への負担が少なく周囲の音も聞くことができるのが大きな特徴です。外出先や何か作業をしながらの使用にぴったりと言えます。

欠点は、耳にフックするという仕組み状、密着度が低く音漏れがしやすい点が挙げられます。

機能を確認!ヘッドセットの選び方

これまで見てきたように、様々なタイプがあるヘッドセット。
どれを購入するか選ぶ際のもう1つのポイントが、どのような機能があるかという点です。

知っておきたい様々なポイントや機能について紹介します。

接続方式は有線とワイヤレス

ヘッドセットの接続方式には、コードを直接つなぐ有線方式とBluetoothなどのワイヤレス方式があります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

有線方式の特徴

有線方式には、3.5mmステレオミニプラグを使うものとUSBを使うものの2種類があります。

ステレオミニプラグで通話する際は4極のものを選ぶ必要があります。一方のUSB型はパソコンとの相性に優れておりノイズが入りにくくなっています。

有線方式のメリットとしては、音の遅延や音飛びがなく、充電の必要がない点が挙げられます。電波を飛ばすことがないので、急に聞き取りにくくなることや障害物に影響を受けることもなく、買って接続するだけですぐに使用できます。

デメリットは、コードがあるので絡まることがある、使用範囲に制限が出る、見た目のスタイリッシュさに欠ける点などがあります。

ワイヤレス方式の特徴

無線のワイヤレス方式は、ほとんどの製品がBluetooth対応となっています。コードの煩わしさがなく、コンパクトに収納できる点が最大の特徴です。

接続したことがある機器を登録しておくことが可能で、パソコンやスマートフォンとの接続もスムーズです。また、見た目のスマートさもメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、まず充電が必要なことが挙げられます。あとどれくらい使えるのかと電池残量を気にしなければいけません。また、電波状況や距離など周囲の環境に左右されることが多く、通話等に支障をきたすことも。

長時間使用には装着感が大事

ヘッドセットを使用するのはある程度長時間になる場合が多いので、装着感がとても大切です。
特にヘッドホン型の場合は、耳や頭が圧迫されるので、体にあったものを使用しないと思わぬ痛みや体調不良に繋がる可能性があります。イヤーパッド部分の質感はよくチェックしましょう。

耳にはめ込むタイプの場合は、耳の大きさに合わせてイヤーピースの大きさを調整できるものを選びましょう。

快適な通話を実現するノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能とは、街中の喧騒や電車・飛行機の音など、周囲から発生するノイズを軽減する機能を指します。
周囲の騒音と逆位相の音波を流して余計な音を消す仕組みで、相手との通話をよりスムーズに行えるようになります。重要な事柄を話し合う会議や、オンライン講座などに適した機能と言えるでしょう。

また、環境を気にせず音に集中できるので、音楽を楽しむ際にもぜひ欲しいですね。低音量でもしっかりと聴こえるので、耳の負担も減らしてくれます。

注意点として、ノイズキャンセリング機能には通話用と音楽用があることに気をつけてください。事前に用途と機能をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

多彩な機能を搭載した便利ツール・ヘッドセットを活用しよう

快適な通話を実現することで、仕事に限らずプライベートの質も向上させてくれるヘッドセット。
新型コロナウイルス感染症対策によるテレワークをスムーズに行うために、最適なツールと言えるでしょう。

種類や機能は様々で、それぞれにメリット・デメリットがあるので「何に使おうとしているのか」「どのような機能が必要か」といった、使用シーンや目的に合わせた選択を意識しましょう。

読むだけでIT転職で有利になる!限定資料を無料で公開中

テックキャンプ エンジニア転職では、未経験からIT業界に挑戦するために押さえるべき6つのポイントをまとめています。

以下のような疑問はありませんか。資料で詳しく解説します。

・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・いきなりフリーランスで自由に働くことはできる?
・IT業界転職における35歳限界説は本当なの?

読むだけで転職が有利になる限定資料をダウンロードしてみてください。

資料を無料でみる

この記事を書いた人

篠崎友耶
編集・ライターとして、主に制作会社や編集プロダクションなどで勤務したのち株式会社divに入社。 趣味は、歴史関係(史跡巡りや読書)、御朱印集め、国内外のサッカー観戦など。好きなチームはバレンシアCF。 好きな言葉は『士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし』