プログラミングをゲームで学ぶ!習得から制作まで徹底解説

”プログラミング”
最近、この言葉を耳にすることが増えた方も多いのではないでしょうか?
パソコンや、スマートフォンなどと向き合う時間が多くなった現代社会では、プログラミングに関する書籍やスクールの需要はどんどん大きくなってきています。
しかし、プログラミングの習得は新たに言語を覚えるようなもので、簡単ではありません。
「いざ、自分で始めてみようとしたけれど失敗した」「ゲームを作ってみたくて本を買ったけど難しくて諦めた」そんな経験はありませんか?

そこで、今回はゲーム感覚でプログラミングを楽しく学習する方法をご紹介します。レベルアップの目標としてゲームの作り方もまとめました。手を動かしながら、感覚的にプログラミングというものを掴んでいきましょう。

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

出典:Pixabay

プログラミング言語


出典:Pixabay

現在、 世界中には200を超える数のプログラミング言語があると言われています。パソコンに指示を伝える手段として使われるプログラミング言語ですが、それぞれ適した分野があるため、自分の使いたいと考えている場面と照らし合わせながら、選択する必要があるのです。

今回は、その中でも世界的に使用者数が多く、「ゲームプログラミング」に使える言語に絞って、ご紹介します。

JavaScript(ジャバスクリプト)

JavaScriptは、初心者でも取り掛かりやすい人気の言語の一つです。

JavaScriptが初めてのプログラミングでも使いやすい理由は、特別な開発環境を必要としないからです。つまり、使っているパソコンがどんなものでも「Internet Exproler」や「GoogleChrome」などのブラウザとテキストエディタ(メモ帳)さえあれば、JavaScriptのコーディングには十分なのです。

JavaScriptの登場により、Webページに動きをつけることが可能になりました。

加えて、JavaScriptを使えば、SNSやチャットのような本格的なアプリ開発スマホアプリ制作にも手を出せることも魅力の一つです。

Ruby(ルビー)

まつもとゆきひろ(通称Matz)氏によって開発された日本産のプログラミング言語です。Rubyのコードは短く、シンプルであることに加え、国産のプログラミング言語なので、日本語のドキュメントも多く、初心者には勉強しやすいのが特徴です。

さらに、Ruby言語を使ったRuby on RailsというWebアプリケーション開発のためのフレームワークがあります。Ruby on Railsはアプリケーション開発に必要な骨組みの部分を提供してくれるので、開発をより効率的に、快適に行うことができます。最近では、スマートフォンのソーシャルゲームなどの分野でも活躍しはじめています。

C#(シーシャープ)

Microsoft社が作ったソフトウェア「.NET Framework」を動作させるために開発されたプログラミング言語がC#(シーシャープ)です。

.NET Frameworkは、Windows7以降のOSに最初からインストールされているので、Windowsを使っている方にとっては、特に始めやすい言語でしょう。

さらに、別のプログラム開発環境をダウンロードすることで、パソコンに限らず、iPhoneやAndroidなどの携帯でもプログラミングが可能になります。C#は、Web開発やゲーム開発、マイクロソフトの開発一般に使われており、複雑なゲームの制作もスムーズなので、最近ゲーム制作で人気が高まってきている言語です。

プログラミング入門者向けゲーム

出典:Photo AC

ここでは、プログラミング初心者の方でも楽しみながら学習できるサイトをご紹介します。

Code Studio

出典:Code Studio

全米の教育カリキュラムにプログラミングを組み込む活動をしているNPO団体「Code.org」が運営しているサイトです。

ブロックを組み合わせることでプログラミングの仕組みを学べるゲームが多数用意されています。「アナと雪の女王」や「スター・ウォーズ」などの映画のキャラクターが用いられているので、大人も楽しくプログラミングを身につけられます。

また、海外版に切り替えることで、作ったプログラムをJavaScriptのコードとして表示することが可能です。

コロコロゲーム工作(クラフト)ブロック

出典:コロコロコミック

ビジュアルプログラミングと言われる、ブロック等を画面上で組み合わせてアプリケーションを作る手法の一つです。

コロコロコミックに出てくる懐かしのキャラクターを動かしながら、簡単なゲームを作ることが可能です。ゲーム作成を始める前にサンプル版で使い方を確認しながら遊ぶことも出来るので、初めての方でも安心して学ぶことができるでしょう。

Scratch

出典:Scratch

Scratchは、マサチューセッツ工科大学が開発した教育用のプログラミング環境です。

2013年に新しいバージョンに変わってからウェブアプリケーションとなったため、ダウンロードやソフトのインストールなどをする必要はなく、使い勝手がいいです。

加えて、ユーザー登録をすることで、制作したゲームの管理やScratch内にあるコミュニティで他のユーザーと話すことも可能になります。プログラミングで悩んだときは、頼りになるでしょう。

コードを書いてみたい初心者向けゲーム

出典:Photo AC

基礎を身につけた方はどんどんレベルアップに努めてみましょう。

ここでは、コードを自分で書けるようになることを目的としたサイトをまとめました。

CodeMonkey

出典:Code Monkey 

JavaScriptのコーディングを学習できるサイトで、サルを操作し、障害物を避けながらより多くのバナナ習得を目指します。サルは自分で書いたプログラムに沿って動くので、プログラムを書くことが楽しくなってくるでしょう。

無料体験版と有料版とがあり、有料版ではメインモード200個、スキルモード200個を遊ぶことができます。

無料版は、そのうち30個のみがプレイ可能です。

CSS Diner

出典:CSS Dinner

CSSのセレクタを覚えるのにオススメなのが、CSS Dinerです。CSSのコードを書くときにHTMLページのどの部分を適用するのかを指定するのに必要なセレクタですが、うまく使えないと、余計なコードを書いてしまったり、思い通りのスタイルを適用できないこともあります。

CSS Dinerでは寿司下駄の上で踊る皿を指定する基礎的な問題から始まり、だんだん問題のレベルが上がっていきます。わからなくなったらヒントを見ることもできるので、勉強倒れすることはないでしょう。

コーディングができるようになった中・上級者向けゲーム

出典:Photo AC

そろそろゲーム制作に取りかかれるレベルになってきました。「コーディングの基本はもうできるからもっと実践的な問題を解いてみたい」という方に、おすすめのサイトを3つご紹介します。

Code Combat

出典:Code Combat

プログラムを書くことでゲームを進めるRPG型の学習ゲームです。ゲーム内ではJavaScriptやPythonを始めとする6種類のプログラミング言語から選択できるので、他の言語にも手が出しやすいです。

加えて、Code Combatの魅力は、サポートがしっかりしていることです。

打ち込んだコードが間違っている場合、修正すべきコードが赤く表示されます。さらに、打ち込むコードがわからなくなっても、ガイドがついていて、チュートリアル動画を見ることができるので、しっかりと学習ができます。

Ruby Warrior

出典:Ruby Warrior 

ドット絵がどこか懐かしいRPGゲームのRuby Warriorでは、クエストをクリアしながら楽しく、Rubyを学ぶことができます。サービスは無料で、会員登録は必要ありません。

ゲームは、初級と中級に分かれており、それぞれ9つのステージが存在します。クエストをクリアする際に、体力を回復させながらモンスターと戦わねばならず、体力をいつ、どのように回復させるかの指示を出してプレイします。

ゲームは全て英語なので、英語の勉強にも役立つでしょう。

Fight Code
  出典:Fight Code

Fight Codeは、Java Scriptで自分のロボットの動作を記述して、他のユーザーのロボットと戦わせることのできるサービスです。

自分のロボットを作るには、Githubのアカウントが必要になりますが、GithubもFight Codeと同様に無料で使うことができるので安心です。

トップページでは、より複雑なコードが書かれたロボットたちの対戦を見ることが可能なので、短期間でのレベルアップを目指している方にとってはいい刺激となるでしょう。

ゲームを制作する

出典:Pixabay

そろそろゲーム制作に入りたいところですが、ゲームと言っても様々な種類のものがあります。携帯で遊べるゲームやパソコンのみでのゲームなど幅広く存在します。

そこで、ゲームの種類をまとめてみました。自分がどんなものを作りたいか、誰に遊んでもらいたいかなどを考えながら読んでみてください。

スマホゲーム

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで遊べるように作られているゲームです。

スマホゲーム市場は市場規模の増加が続き、最も盛り上がりを見せていると言っても過言ではありません。

 

ブラウザゲーム

インターネットに接続し、「Internet Exproler」や「Google Chrome」といったブラウザを通して遊ぶゲームです。主にHTML5やJavaScript、Flashなどをベースに作られています。インストール不要で手軽に始められるというのが大きな特徴です。

パソコンゲーム

ブラウザゲームとは異なり、パソコンにインストールをしてから遊ぶゲームです。無料でダウンロードできるものや購入するものなど様々な形があります。パソコンを持っていれば、本格的なゲームを手軽に楽しめるので人気も高いです。

制作環境以外のライセンスが不要なので、個人での制作ゲームも多いジャンルです。

コンシューマーゲーム

最近人気の「Nintendo Switch」もコンシューマーゲームの一つで、「PlayStation」や「NitendoDS」などといった特定のゲーム機とソフトを購入し、遊べる家庭用ゲームです。

上記の3つに比べ、ハイクオリティなゲームであることが特徴です。最近ではオンラインに接続ができるものも増えています。

ゲーム作成に役立つ学習方法

出典:Pixabay

ゲーム内でのプログラミングと異なり、1から自分でコーディングをするとなると不安はつきものです。ここでは、ゲーム作成の際に役立つ学習方法を2つお伝えします。

本・参考書

ゲーム制作で困ったときに、本や参考書を使うメリットとして、自分のプログラムと見比べながら本に書き込むことが可能なことと、いちいちタブを変えなくていいので使い勝手が良いという点が挙げられます。

ゲームでプログラミング言語はわかったけれど、まず何から手をつけたら良いのだろうと思っている方には特におすすめです。
ゲームの企画から完成までを細かくまとめた本もあるので、参考にしてみてはいかかでしょうか。

Unityの教科書 Unity 2017 完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座

Unityの教科書 Unity 2017完全対応版  2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

ゲームの作り方 改訂版 Unityで覚える遊びのアルゴリズム

ゲームの作り方 改訂版 Unityで覚える遊びのアルゴリズム

SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミング Swift対応

SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミング Swift対応 (Smart Game Developer)

プログラミングスクール

2020年に小学校からのプログラミング教育必修化が検討されていることもあり、プログラミングの需要が高くなってきているため、現在プログラミングスクールの数はどんどん増えています。(詳しくはこちら

本を読むのが苦手という方だけでなく、ゲームやアプリケーションを作りたいと思っている方にはぴったりです。

講座内容はスクールにもよりますが、いつでもメンターに質問ができたり、スクール内でのコンテストがあったりと、モチベーションを保ちながら学習を進められるでしょう。

まとめ

いかかでしたか?

プログラミングは誰の手にも届くところにあります。難しそうという理由だけで諦めないでください。

プログラミングを理論的に理解することも大切ですが、そこで勉強をやめてしまったら意味がありません。ゲームを使って楽しみながら基礎を覚えてから、深く学習していくというのも一つの方法です。

今回ご紹介したツールを使いながら、ぜひ自分だけのオリジナルゲームを作ってみてください。

絶対に挫折しないテクノロジー体験会で
最新のプログラミングを学ぼう

プログラミング体験会

TECH::CAMP』のプログラミング体験会なら、Webや人工知能、VRといった最新テクノロジーを無料で学べます。教室で講師に質問し放題なので、全くの未経験からでも絶対に挫折せずにやり切れます。

  • 実際にプログラミングを触れる
  • 質問し放題なので、疑問点が即解消される
  • テクノロジーをなぜ学ぶべきなのか明確になる
  • 人工知能やVRなど他では学べないテクノロジーが学べる

まずは一度プログラミングに触れてみたい方は気軽にご参加ください。なお月に1000名以上が参加するため、予約はお早めをオススメしております。

プログラミング体験会を詳しく見る

水野ゆな 水野ゆな
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→