ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

情報収集の手段の選び方とおすすめのツールを解説

作成: 2020.07.27 更新: 2020.07.24

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

情報収集はビジネスチャンスを掴んだり、新たなスキルや知識にキャッチアップする上でとても重要です。

本記事では、そのような情報収集に役立つ以下の内容について解説します。

  • 情報収集の手段の選び方
  • 情報収集におすすめのツール

情報収集で何を使うべきか迷っている方や、おすすめのツールをお探しの方は、参考にしてください。

情報収集の手段と選び方のポイント

情報収集の手段と選び方のポイントは、以下の5つです。

  • SNS・Webサイト・アプリ:情報の鮮度が高い
  • テレビ・ラジオ:影響力が強い
  • 新聞:信頼性とスピードのバランスがよい
  • 本・雑誌:信頼性や専門性が高い
  • コミュニケーション:情報の質が高い

それぞれの中身を解説するので、情報収集の目的やテーマに合わせた適切な手段を選びましょう。

SNS・Webサイト・アプリ:情報の鮮度が高い

「SNS・Webサイト・アプリ」は、日ごとに更新される情報や鮮度の高い情報がほしいときにおすすめの手段です。

鮮度が求められる情報の例としては、以下の通りです。

  • 株価
  • 原油価格
  • 天気予報
  • スポーツの試合結果
  • 漫画の最新話

上記の通りで、リアルタイムに更新されるSNS・Webサイト・アプリのオンラインの特性をうまく活用しましょう。

テレビ・ラジオ:影響力が強い

世間や社会への影響力の強さで選ぶなら、「テレビ・ラジオ」がよいです。

テレビやラジオで情報収集をするメリットは、以下の通りです。

  • 映像による情報収集の効率性が高い
  • 世間が注目するニュースを収集できる
  • 政治・経済などの難しい話題をかみ砕いて説明している

一方で、テレビ・ラジオ局の意向により一部の情報が編集されるため、信頼性という点で不安があります。

新聞:信頼性とスピードのバランスがよい

情報の信頼性とスピードの両面でバランスがよいのは「新聞」です。

信頼性とスピードが求められる情報の例としては、以下の通りです。

  • 日本や諸外国の政治・経済
  • エンタメ情報
  • スポーツの試合結果

上記の通りで、新聞はインターネットに次ぐ速報性と取材を元にした信頼性の高さがポイントでしょう。

ただし、取り上げるジャンルやスタンスは各誌で異なるため、情報収集の目的に応じて使い分けてください。

本・雑誌:信頼性や専門性が高い

情報の信頼性や専門性の高さで選ぶなら、「本・雑誌」がよいです。

信頼性や専門性が求められる情報の例としては、以下の通りです。

  • 科学技術や医学などの専門性の高いジャンル
  • 商品の比較・使い方・ノウハウ

上記の通りで、特定のジャンルにおける深い知識を得られるでしょう。

ただし、本当に知りたい情報や知識にたどりつくまでに、インターネットなどと比較すると時間がかかるというデメリットもあります。

コミュニケーション:情報の質が高い

情報の質を重視するならば、特定のジャンルに精通した方に直接聞いてみるのがおすすめです。人とのコミュニケーションも立派な情報収集と言えるでしょう。

質が求められる情報の例としては、以下の通りです。

  • 起業の失敗談
  • 商品の開発秘話
  • その人しか知り得ない業界の裏話

上記の通りで、専門家や経営者など、その人しか持ち得ないノウハウや知識はインターネットでは手に入りません。

一方で、人脈や紹介がないと難しい手段のため、質の高い情報を持つ方とコミュニケーションを取るまでのハードルは高いといえます。

情報収集におすすめのツール6選

それでは、実際の情報収集で使うのにおすすめなツールを6つ紹介します。

  • ニュースアプリ
  • ニュースサイト
  • RSSリーダー
  • ラジオアプリ
  • SNS
  • Google アラート

それぞれのツールの特徴を解説するので、活用して情報収集の効率を上げましょう。

ニュースアプリ

ニュースアプリは、主にスマートフォン向けに政治・経済・金融・テクノロジー・スポーツなどの主要なジャンルの最新情報を配信するアプリケーションです。

ニュースアプリの中で人気の高いものは、以下の3つです。

ニュースアプリにしかないオリジナル記事や動画コンテンツもありますから、気になる方は関連記事も合わせてご覧ください。

ニュースサイト

スマホやパソコンで情報収集をするなら、ニュースサイトを活用するのがおすすめです。

ニュースサイトは、あらゆるジャンルを網羅したものから特定のジャンルに特化したものまでバリエーションが豊富です。

例えば、IT・Web業界に強いニュースサイトだけでも、以下のように数多くあります。

汎用性の高さに定評がありますから、メインの情報源として活躍するでしょう。

RSSリーダー

RSS(Rich Site Summary)とは、Webコンテンツの最新記事や更新情報を通知するための便利な機能です。

そして、RSSリーダーはWebサイトが公開するRSSフィードを読み込み、一覧化してユーザーに見やすく提供するソフトウェアです。

RSSリーダーは、以下の2つがよく使われています。

頻繁に閲覧するWebサイトと連携することで、いち早く最新情報を確認できます。

ラジオアプリ

スキマ時間や仕事中に情報をインプットするなら、ラジオアプリもおすすめです。

ラジオアプリで人気の高いものは、以下の3つです。

忙しいビジネスパーソンは、「ながら聴き」で情報収集の効率を上げてみましょう。

SNS

商品の口コミやレビューなどを中心に情報収集するなら、SNSがおすすめです。

よく使われるSNSの例としては、以下の通りです。

必要な情報源だけをフォローすれば、タイムラインには興味関心の高い情報だけを表示させられるでしょう。

一方で、インフルエンサーなどの影響力の強い方の意見に世論が流される可能性もあり、論理的でフラットな情報を取得しにくいという側面もあります。

Google アラート

Google アラートは、特定のキーワードを登録すると、キーワードと関連性の高いニュースを定期的に配信してくれるサービスです。

RSSリーダーやSlackなどと連携すれば、より情報収集の効率性が上がるでしょう。

使い方は簡単で、Google アカウントさえあれば、キーワードの登録だけですぐに設定できます。

Google アラートについては関連記事にて紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

Google アラート – ウェブ上の面白い新着コンテンツをチェック

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

ソースを組み合わせて感度と精度の高い情報を収集しよう

情報収集の手段の選び方と情報収集におすすめのツールをご紹介しました。

ソースは1つに絞る必要はなく、むしろ複数のソースを組み合わせて使う方が効果的です。

例えば、Webサイトと書籍を組み合わせれば、鮮度が高く、なおかつ信頼性の高い情報を収集できるでしょう。

現代のビジネスパーソンにとって、情報収集能力は非常に重要度の高いスキルです。

苦手意識のある方は、時間とタイミングを決めて習慣的に行いましょう。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

ダイスケ@
ビジネス, スポーツ, エンタメ関連のライティングを得意とする、元ITエンジニアです。好きなものはコーヒー,ブログ,海外サッカー,映画観賞。最近は、グザヴィエ・ドランの作品にはまっています。