ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

デスクトップパソコン・ノートパソコンの掃除方法を紹介 汚れやホコリを手入れして快適に使おう

作成: 2020.06.14 更新: 2020.07.14

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

パソコンの画面は定期的に掃除しよう キレイにする方法や注意点を解説」では、パソコンの画面の掃除方法を解説しました。

「パソコンの画面だけでなく、機器全体のお手入れをしたい」という方も多いでしょう。

この記事では、パソコン・ノートパソコンの各パーツごとにお手入れ方法を解説します。

機器トラブルを防ぎ快適にパソコン作業を行うためにも、ぜひ参考にしてください。

パソコン本体を掃除する際のポイント

デスク付近に置かれっぱなしにされることの多いパソコン本体は、よく汚れやホコリがつきます。

注意しながらお手入れをしましょう。

接続面に注意して乾拭き+αで掃除

本体を掃除する際には、一般的な家電などと同様に、まずは全体的に乾拭きをします。汚れが落ちにくい部分は、専用クリーナー等を使用しましょう。

機器との接続部分は、はたきを使うのが最適です。機器の中にホコリを送り込まないよう、軽く払う程度にするのがポイント。

USBポートやコネクタ部分などは、綿棒を使ってホコリを取り除きます。故障やカビの原因となるので水分は厳禁です。

デスクトップパソコンの冷却ファンを掃除する

デスクトップパソコンは、中の基盤を冷やすファンも定期的に掃除しましょう。

ファンにホコリが溜まると、基盤が熱をもちやすくなったり、大きな音が出る原因にもなりかねません。

掃除をする際は、まずパソコンの電源を抜いて本体を冷まします。

次にドライバーでケースを開けましょう。この際、静電気を起こさないよう内部には触らないでください。

その後、ファンや基盤に溜まったホコリをエアダスターで吹き飛ばし、落ちたホコリを掃除機などで除去します。

キーボードの汚れやホコリを掃除する

指が頻繁に触れるだけでなく、溝や段差があるキーボードは汚れが溜まりやすい部分です。
ツールを上手に活用して汚れを除去しましょう。

隙間に溜まったホコリを取り除く

隙間に入ったホコリを掃除するには、カメラのお手入れなどでも使うブロアーがおすすめです。

空気を吹きかけて隙間のホコリを吹き飛ばします。この際、空気は一方向から送るとキレイに取り除けます。

また、100均などで手に入るハンディブラシやエアブラシもホコリを掻き出せ便利です。

汚れや手垢を除去する

キーに付着した汚れや手垢は、OA機器用のウェットティッシュなどで掃除しましょう。

除菌効果のあるものを選べば、手垢だけでなくばい菌も除去できます。

届きにくい隙間部分は、綿棒に除菌スプレーをつけて拭き取るのがおすすめです。

また、ノートパソコンの場合は、パームレストが特に汚れやすいので念入りに。

今なら受講料30,000円OFF!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎今なら9/23~30限定で受講料30,000円OFF!
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

汚れ・ホコリがたまりやすいマウスのお手入れ方法

立体的な形状をしているマウスは、汚れが溜まりやすい部分と言えます。

表面、裏面、パッドなど、様々な部分をキレイにしましょう。

隙間の汚れを楊枝などで掻き出す

マウスは、パーツの継ぎ目やボタンなど、細かな部分に汚れが入り込みやすい構造をしています。

布等では拭き取りにくいので、先の尖った楊枝などで汚れを掻き出しましょう。一通り掻き出した後は、全体的に拭き掃除を行います。

内部にローラーが入っているタイプのマウスは、カバーを外して中をキレイにします。

汚れやすい接地面の汚れをとる

デスクやマウスパッドと接触する接地面は、特に汚れが目立つ場所です。OA機器用のウェットティッシュなどで掃除しましょう。

接地面をキレイに保つことで、滑らかにマウスを動かせるようになります。操作時の反応も良くなり、より快適に作業することができます。

マウスパッドも忘れずに掃除を

マウスとあわせて、マウスパッドもお手入れをしましょう。気が付いた時に乾拭きを行います。

特にスポンジ素材のマウスパッドは、その汚れがマウスにつくこともあります。

重曹を溶かした水に15分浸けて水ですすぎ、干して乾燥すれば汚れは取れます。

パソコンを汚れやホコリから防ぐ習慣づくりを

笑顔パソコンを清潔に保つには、そもそも汚れやホコリが溜まらないようにすることも大切です。

デスクトップパソコンなら、ディスプレイやキーボードにカバーをかけておきましょう。ノートパソコンであれば、使わない時はケースにしまっておくことで、汚れを防ぐことができます。

パソコンの近くにOA専用のウェットティッシュなどを常備しておき、パソコンを使用するごとに掃除すると良いでしょう。機器トラブルを防ぎつつ、より快適に使えるはずです。

受講料30,000円OFF!先の見えない時代でも求められる人材「ITエンジニア」を目指すチャンス

「今の仕事は、10年後も必要とされているだろうか……」と、将来の働き方に不安を抱えていませんか?
不安定で先の見えない時代でも求められる人材になりたいなら、ITエンジニアがおすすめです。
テックキャンプなら、IT業界未経験・知識0の人でもエンジニア転職を実現できます。
今なら、9/30までの期間限定で受講料が30,000円OFF!
無料オンラインカウンセリングで、今すぐIT転職への不安を解消しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

篠崎友耶
編集・ライターとして、主に制作会社や編集プロダクションなどで勤務したのち株式会社divに入社。 趣味は、歴史関係(史跡巡りや読書)、御朱印集め、国内外のサッカー観戦など。好きなチームはバレンシアCF。 好きな言葉は『士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし』