ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

テレワークに必要なスキルと心構えとは 生産性をアップするおすすめツール・アプリも紹介

作成: 2020.04.11 更新: 2020.04.13

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

テレワークは誰にでも合う働き方ではなく、人によってはオフィスの方が働きやすい場合もあります。

しかし、求められるスキルを理解してツールを上手く使えば、テレワークの生産性を向上させることは可能です。

この記事では、テレワークを成功させるために必要なスキルとおすすめのツールについて解説します。

テレワークを始めるために必要なものが知りたい人は「テレワークに必要なもの・準備とは?おすすめ便利グッズ7選も紹介」をご覧ください。

※記載されている内容は記事公開時点での情報です。サービス内容は予告なく変更の場合がありますので予めご了承ください。最新のサービス内容は公式Webサイトをご覧ください。

テレワークの成功に必要な7つのスキル・心構え

効果的なテレワークを実現するための7つのスキルについて解説します。

自発的な行動

テレワークで業務をこなし、成果を挙げるためには自発的な行動が欠かせません。

1人で作業をすると、オフィスとは違ってまわりの目がないので自由です。そのため、つい怠けてしまう場合もあるでしょう。

自分を律するために大切になるのが、自分の行動に責任を持って結果を楽しむこと。

そのためには、言われたことをやるのではなく、必要なことを自分で考えながら取り組む必要があります。

自発的な行動は、テレワークでの成果を左右する重要なスキルです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はテレワークで特に重要です。

オンラインでのミーティングは、それぞれが作業時間を削ってその時間を確保しています。

それを理解して、的確に必要な事項を共有し、課題を解決する必要があるのです。

テレワークで必要になるコミュニケーション能力とは、考えや意見をシンプルで明確に伝える力と言えます。

対面しないコミュニケーションは、間が取りづらく意図したことが伝えにくく感じることがあります。

また、チャットツールでのテキストによるコミュニケーションにおいても、顔が見えないため誤解や不快感を与えるケースも。

「自分がわかることを話す」のではなく「人と情報を共有して解決する」という意識で接するようにしましょう。

オンとオフの切り替え

テレワークで働く時には、オンとオフの切り替えをしっかり行いましょう。

テレワークで在宅勤務をする時には、職場と自宅が同じになるので切り替えが難しくなります。

そのままずるずると仕事をしていると、生産性が下がるだけでなく、疲労やストレスも溜まっていきます。

「9時から18時までが仕事の時間」
「22時以降は仕事をしない」
「仕事の前には着替える」

など、自分に合ったルールを設けるとオンとオフが切り替えやすいです。

自分への適切な評価

自分で自分自身に対する適切な評価を行えると、自信につながってモチベーションが保ちやすいです。

テレワークは対面で仕事をする場合よりも、フィードバックや評価を受ける機会が減ります。

自分に対して客観的な目を向けて仕事の効率を上げる方法を試行錯誤しましょう。それにより、人からの評価だけを気にするのではなく、正しい評価を自分に与えられるようになります。

1人でも作業に集中できる能力

1人でも作業に集中できる能力は、テレワークでとても大切です。

まわりに人がいなくても気にせずに作業できる人や、反対にまわりの雑音が気になってしまう人にテレワークは向いているとも言えます。

また、向き不向きで片付けるのではなく、まわりに人がいなくても孤独を感じない工夫や、オンラインでもコミュニケーションを取れる仕組みを用意するなどの対策も必要です。

ITツールを活用する力

テレワークではITツールを活用して、効率的に作業する力が求められます。

どれだけ便利なツールを会社が用意したとしても、使いこなすのは自分。

オフィスで作業をしている時は、わからないことがあれば人に聞けたと思います。ただ、テレワークの場合はそのようにすぐに人に聞くことは難しいでしょう。

自分でWebを駆使して情報を調べたり、どのようなツールを使えば便利なのかと探求したりする向上心を持ちましょう。

テレワークの生産性をアップさせるツール・アプリについて

テレワークの生産性をアップさせるツールやアプリは以下の通りです。

  • グループウェア
  • クラウドストレージサービス
  • チャットツール
  • Web会議ツール
  • タスク管理ツール
  • 勤怠管理・人事労務のツール

これから1つずつおすすめのツール・アプリを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

グループウェア

出典元:G Suite: コラボレーションと生産性向上のためのビジネス用アプリ

グループウェアとは、プロジェクトチームなどのグループでの仕事をサポートするツールを指します。

G suite

Googleのグループウェアサービス「G suite」。

ビジネス向けにGmail・ドキュメント・ドライブ・カレンダーなどがパッケージされています。

G suiteのみでPC・スマホ・タブレットから、自由に作業が可能です。

G Suite: コラボレーションと生産性向上のためのビジネス用アプリ

Microsoft 365(旧Office 365)

Microsoft 365は、Office・Microsoft Teams・メール・カレンダー・クラウドストレージなどが利用できるグループウェア。

これ1つで仕事に必要なツールがすべて揃います。デバイス管理が簡単になり、セキュリティリスクも軽減できるなどのメリットもあります。

Office 365は、2020年4月22日からMicrosoft 365に名称が変更されます。

Microsoft 365 Business – Microsoft

クラウドストレージサービス

 

出典元:Google ドライブ

他の人とのファイルの共有やマルチデバイスでの作業を効率化するのが、クラウドストレージサービスです。

Google ドライブ

Google ドライブは、無料版から使えるGoogleが提供するクラウドストレージサービスです。

Google ドキュメントやGoogle スプレッドシートのファイルはGoogle ドライブに保存され、リアルタイムで作業内容が反映されます。

Google ドライブ

Dropbox

DropboxもGoogle ドライブと同様に、無料から利用できる定番のストレージサービス。

チームでのファイルの共有などがスムーズに行えるなど、使い勝手のよいサービスです。

Login – Dropbox

チャットツール

出典元:その仕事、Slack で。 | Slack

テキストでのメッセージのやりとりが行えるツールがチャットツール。ドキュメントの共有などにも便利です。

Slack

「Slack」は、ビジネス向きで人気の高い定番のチャットツールです。

用途に合わせたチャンネルやスレッドの作成、スムーズなメッセージのやりとりなど、チャットツールの機能がとても使いやすくなっています。

それだけでなく、リマインダー・bot・他のアプリとの連携など、拡張性が高いこともSlackの魅力です。

その仕事、Slack で。 | Slack

チャットワーク

チャットワークもSlackと同様に人気の高いチャットツールです。

メッセージから簡単にタスクが作成できることが特徴で、Slackとやりとりする目的を分けて、並行して使うのもよいでしょう。

Chatwork | ビジネスコミュニケーションをこれ一つで

Web会議ツール

出典元:Video Conferencing, Web Conferencing, Webinars, Screen Sharing – Zoom

オンラインでのミーティングに便利なWeb会議ツールを紹介します。

Zoom

Web会議ツールとして世界的に人気の高い「Zoom」。時間制限はありますが、無料プランでも100人まで接続が可能です。

通話と映像の品質も高く、Web会議に必要な画面共有やチャットなどの機能も充実しています。

Video Conferencing, Web Conferencing, Webinars, Screen Sharing – Zoom

Skype

チャット・通話・ビデオ通話ができる定番のコミュニケーションツール。最大50人まで接続が可能です。

Web会議を行う時には、グループチャットに特化したMicrosoft Teamsもおすすめ。

Skype

プロジェクト管理ツール

出典元:チームの仕事、プロジェクト、タスクをオンラインで管理 · Asana

テレワークで離れた人と一緒に働く時には、プロジェクトをしっかりとマネジメントすることが大切。

そのような円滑なプロジェクトの進行に役立つ、プロジェクト管理ツールを紹介します。

Asana

Asanaは、使いやすさが魅力のプロジェクト管理ツール。使っていて心地の良いUIは一度使うとクセになります。

チームでのプロジェクト管理にも最適で、個人のタスク管理にも便利です。

SlackやGoogleカレンダーとも連携ができるなど、拡張性にも優れています。

チームの仕事、プロジェクト、タスクをオンラインで管理 · Asana

Trello

付箋を貼るような感覚で気軽にタスク管理が行えるツールです。個人でも、チームでも使えるので、プロジェクト管理に役立ちます。

Trello

勤怠管理・人事労務のツール

出典元:No.1勤怠管理・シフト管理システム「ジョブカン」

勤怠管理や人事労務の業務に便利なツールを紹介します。

ジョブカン

「ジョブカン」は、オンラインで利用できる勤怠管理ツールです。

出退勤データの管理・打刻ミスの修正・残業時間の確認が効率的に行えます。

No.1勤怠管理・シフト管理システム「ジョブカン」

SmartHR

人事労務の業務に便利なWebツール「SmartHR」。社員の管理・行政手続き・給与明細の発行などが一元管理できます。

SmartHR(スマートHR)|シェアNo.1のクラウド人事労務ソフト

ツールを活用してテレワークの生産性をアップしよう

まずは、テレワークに必要なスキルや心構えを理解することが大切です。

そして、今回紹介したITツールを利用して、テレワークでの仕事の生産性をアップしましょう。

無料で利用できるツールも多いので、まずは気になったものを使ってみる。そして、自分に合ったものを精査していくのがツール活用の近道です。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。