プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!

どうしても仕事を楽しめない人が実践すべき6つの工夫。仕事を楽しむメリットも解説

作成: 2019.10.21

>>副業・フリーランスという働き方
個人で稼げるスキルを!独立まで完全サポート

あなたは仕事を楽しんでいますか。もしあなたが「仕事が楽しい」と自信を持って言えないのであれば、それはとても勿体ないことです。

仕事を楽しむ、楽しもうと努力することでモチベーションがアップするなどのメリットがあります。

この記事では、どうしても仕事が楽しめない人が実践すべき6つの工夫について紹介。また、仕事を楽しむメリットについても解説します。

仕事が楽しくない人はひと工夫することが重要

ペン仕事が楽しくない・楽しめない理由は仕事内容や人間関係、待遇面など人それぞれです。

しかし、一日・一週間の多くの時間を費やす仕事が楽しくないことは、日々の生活や人生までも楽しくないものにしてしまうかもしれません。

楽しくないと愚痴ってばかりいても状況は変わりません。

仕事が楽しくないと感じているのであれば、楽しくする工夫をしてみてはいかがでしょうか。ふとしたきっかけが仕事を楽しくさせる可能性もあるのです。

仕事を楽しむための6つの工夫

仕事を楽しむためのヒントは、あなたが仕事以外で「楽しい」と思えることを想像し、その楽しさを仕事にも取り入れることです。

いくつかの例を用いながら解説します。

仕事をゲームだと考える

誰かと競争・バトルしたり、困難を乗り越えながらレベルアップしていくことが好き、という人は仕事をゲームと考えてみてはいかがでしょうか。

ある目標(例:毎日定時で退社する、次の評価で昇給する、など)を立て、その目標達成のためにゲーム感覚で仕事に取り組むのです。

目標があることで仕事に前向きに取り組めるだけでなく、目標達成が出来た時には達成感・やりがいを感じることも出来ます。

働いている会社について調べてみる

本を読んだり勉強したり、知的好奇心を刺激されるのが好きな人は、働いている会社や業界について調べてみると良いでしょう。

大きな会社・社会の中で、個々人が日々やっている仕事は地味なものであっても、その会社や業界・社会にとってはとても意味のあることです。

会社・業界の将来、最先端の技術や最新の動向などを知ることで、あなたの仕事の意義を見出し、将来のキャリアプランなどを具体的に描くことができることでしょう。

あまり話したことのない人に話しかけてみる

人とコミュニケーションを取ることが好き、という人は社内での人脈を広げてみることがおすすめです。

同じフロアで働いているあまり話したことのない人に話してみたり、社内イベントなどに参加して他部署の人と交流してみたり、新しい人間関係を築くことで新たな楽しみを見つけられます。

新しく知り合った人とランチに出かけるなどのプライベートに近い付き合いも出来ますし、あるいは他部署の人との話の中で新しい仕事のアイデアなどが浮かんでくる可能性もあるでしょう。あ

仕事のストレスなどはブログに書いてみる

SNSやブログなど情報を発信することが好き、という人は、仕事のストレスや愚痴をブログに書いてみてはいかがでしょうか。

「こんなことがあって大変」「こんな上司がいて面倒くさい」など、日々の鬱憤を文字に起こして発散させることでスッキリします。

さらに、何か嫌なことがあっても「ブログのネタになる」といった前向きな考えにもなれます。

ただし、個人名や企業が特定されるような書き方は問題になる可能性があるため、注意しましょう。

個人情報などを含めて書きたい、という人は誰にも公開しない自分だけのブログやノートなど、外に情報が漏れない媒体で書きましょう。

頑張った自分へのご褒美を用意する

自己投資をするのが好きな人やご褒美などがあれば頑張れるという人は、定期的に頑張った自分へのご褒美を用意する方法もあります。

例えば、毎月最後の金曜日は自分へのご褒美に高価なスイーツを買う、繁忙期を乗り越えたらエステやマッサージで自分を癒やす、などがあります。

高価なご褒美をあげたいけどお金が心配、という人は100円貯金や500円貯金などでコツコツと積み立てておくのもおすすめです。

仕事を楽しんでいる人のマネをする

あなたの近くに仕事を楽しんでいる人がいれば、その人がどのようにして仕事を楽しんでいるのかを観察し、マネをすることも出来ます。

仕事を楽しんでいる人は、人間関係を良好に保つことが得意であったり、困難やトラブルをポジティブに捉えられたりと「楽しむための秘訣」を持っています。

どのようなモチベーション、姿勢で仕事に取り組んでいるのかを知り、自分にも出来そうと思えるものがあれば実践してみると良いでしょう。

仕事を楽しむことで得られるメリット

上記では仕事を楽しむための工夫について解説しましたが、楽しんで仕事をした結果どのようなメリットが生じるのでしょうか。

なぜ仕事を楽しむと良いのか、ここではそのメリットについて解説します。

ストレスが軽減される

仕事を楽しむことによる大きなメリットの一つに、ストレスの軽減があります。

仕事が楽しくなければ気持ちが滅入ってきてしまい、少しの残業や誰かのお喋りなどにイライラしてしまうこともあるでしょう。

ですが、仕事が楽しいと感じている人は、少し残業するくらい苦でなかったり、誰かが仕事中に喋っていても気にならなかったりするため、そのようなことではストレスを感じません。

また、例えば「毎日同じ作業の繰り返しでつまらない」というストレスがあった場合、その事実をポジティブに捉えることが重要です。

「いつも3時間かかっている作業を2時間に短縮させるためにはどうすればよいか」とゲーム感覚で楽しみながら仕事に取り組むことで、ストレスが軽減されるのです。

仕事の生産性が上がる

仕事を楽しむことは生産性の向上にも効果的です。

イヤイヤ業務をこなしていると「眠たくなる」「他のことに気を取られてやる気がでない」といった状態に陥ってしまいます。

ですが仕事が楽しいと思えているのであれば、その業務だけに集中ができ、時間も忘れ没頭できるのです。

その結果高い生産性につながり、その功績が認められれば昇進・昇給のチャンスが高まったり、新しい仕事を任せてもらえたりする可能性も高まるでしょう。

毎日が楽しくなる

仕事は辛くても生活と切り離せないものです。

「一生仕事をせずに暮らしたい」と思いながら、実際にそのような生活を出来る人はほんの一部でしょう。

それならば、仕事のストレスに悩む毎日よりも、プライベートだけではなく仕事も楽しい毎日の方が人生が楽しくなります。

経験がないことでも臆せず挑戦できる

仕事に前向きに取り組み、楽しさを見出すことでモチベーションが向上すると、より積極的に行動出来るようになり、もっと新しいことに挑戦していきたいといった意欲が湧いてきます。

その結果、多少の困難やトラブルも気にならなくなり、経験のないことや100%やりきれる自信がないものに対しても挑戦する勇気を持つことができるのです。

将来の不安はスキル習得で解決

「ずっと今の仕事を続けるのは不安」「将来収入があがる職につきたい」「やりたいことがない」

いま、日本では多くの若者がそう感じています。あなた1人じゃありません。
毎月数千人の方がTECH::EXPERTの無料キャリア相談に参加しています。

プロと話してキャリア構築を少しでもクリアにしませんか?

仕事が楽しい時に陥りがちなポイント

仕事が楽しいことはとても良いことですが、楽しいと感じている時にこそ注意しておきたいポイントがあります。

楽しさを出来るだけ持続させるために抑えておくべき点について解説します。

自分だけが楽しければいい訳ではない

会社に勤めている限り、周りで働いている人達のことも考えなければいけません。

仕事が楽しいからといって他の人に自分と同じ感覚を強要したり、自分自身の楽しさのために誰かを不快にさせたりといったことはあってはいけません。

楽しい、という気持ちは誰かと共有することでより一層大きくなります。

自己中心的な楽しさではなく、一緒に働く同僚も巻き込んでチームや部署全体で楽しさを生み出す行動をしてみましょう。

プライベートを犠牲にしてしまう可能性がある

同じように、仕事の楽しさを優先することで家庭やパートナーをないがしろにしてしまう可能性があることも意識しておくべきです。

あなたが仕事を楽しめるのは、あなたを支えてくれる家族や友人の存在があってこそです。

仕事とプライベートの時間の割合についてパートナーと話し合ったり、仕事での楽しみを家族に共有して理解してもらう努力を忘れないようにしましょう。

好きな仕事が嫌いになる可能性もある

ふとしたきっかけで楽しいと感じていた好きな仕事が嫌いになってしまう可能性があることには注意が必要です。

自分勝手に楽しみを追求するあまり、職場やプライベートの人間関係が悪化したり、努力した結果期待通りの結果を得られなかったりと、全てが順調に進むわけではありません。

そのような場合でも「やっぱり仕事は楽しくない」と諦めるのではなく、「次はどうやって楽しもうか」とポジティブに考えられることが大切です。

さいごに

仕事の楽しみ方は人それぞれです。どのような楽しみ方であっても、その楽しみを誰かと共有することで楽しさは大きくなり、その持続性も高まります。

あなた自身だけでなく職場の同僚や家族など周囲も楽しくさせるためにはどうすればよいかを考えることで、より大きな楽しみ・喜びを得られるでしょう。

TECH::EXPERT(テック エキスパート)でプログラミング未経験からWebエンジニア転職・フリーランスの夢をかなえませんか

TECH::EXPERT(テック エキスパート)はプログラミングが全くの未経験の方がWebエンジニアに転職したりフリーランスとして活躍するまでをサポートするスクールです。

・手に職をつけて10年後も活躍できる人材になりたい
・Webエンジニアとして転職したい
・フリーランスとして場所に縛られずに自由に働きたい

まずは無料キャリア相談(無料カウンセリング)に参加してみてください。毎月1000名以上のお申込みをいただいているため、すぐに日程が埋まってしまいます。予定が合う日があればすぐに予約がおすすめです。

無料カウンセリングの日程をみる

この記事を書いた人

石田ゆり
石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。