【20代転職】初めての転職前に知っておくべきことを徹底解説

あなたは転職をするか否かで悩んでいませんか?
特に20代での転職はその後の人生を大きく左右する重要な決断である一方、人生初の転職でわからないことも多いはずです。

この記事では20代で転職をする方向けに転職を意識し始めたらまず考えるべきこと、注意すべきこと、具体的な手順等について順を追って解説していきます。

この記事をご覧頂ければ、転職の手順がわかり、20代での転職における特徴、メリット、デメリットについて理解できます。

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

出典:pixabay

転職前に考えたいこと

転職の手順等について、まず必要なことを整理してみましょう。

転職は人生における重要な決断なので、焦らずじっくりと考えた上で動きましょう。

自分が人生や仕事で重視する価値観について考える

転職を考え始めたら、まずは自分が人生において、仕事において、何を重視しているかを客観的に分析することをオススメします。

当たり前のことですが、自分が仕事に求めるものがお金なのか、経験なのか、ワークライフバランスなのか、それによって転職の行方も変わってきますし、もしかしたらあなたの求めるものは今の会社にいても手に入るかもしれません。

新卒の就職活動をした時はお金を重視していたけど、実際に働いてみたらお金よりもやりがいが重視するようになるなど、時間の経過とともに変化もあるでしょう。転職を考え始めたら一度じっくり考えるいい機会です。

今の自分の状況を見つめ直す

自分が重視する価値観を整理したら、今度は今の自分の状況について見つめ直してみましょう。

転職を望むということは、自分が求める姿と今の仕事にギャップがあり、それを解消したいと思っているはずです。

そのギャップが何なのかを明確にしないまま転職をしても悩みは解決しないかもしれません。

今の自分の状況を見つめ直し、そのギャップをはっきりさせた上で転職活動を開始しましょう。

人は今の環境で得られているものに気づかず、隣の芝は青く見えるものです。

今の仕事は不満ばかりが見え、他の仕事は良いところばかりが目立つかもしれませんが、きちんと今の状況を分析すれば、本当は今の職場にも良いところがたくさんあるかもしれません。

転職で後悔しないために

転職を考え出すと、転職先では全て上手く行くような気がして、早く転職したいと思うようになり、今の職場に不満があればその傾向はより強くなりがちです。

しかし、自分の抱いている不満は、転職したからといって必ずしも無くなるとは限りません。

今の職場で抱いている不満は、実は職場の問題ではなく自分の問題で、転職しても結局同じことで悩むというのはよく聞く話です。

転職は人生における重要な決断なので、焦らずじっくりと考えた上で動きましょう。

転職における基礎知識

出典:pixabay

転職における基礎知識について説明します。

転職時の手順・流れ

①転職サービスへ登録

転職をすることに決めたら転職サイトや転職エージェントに登録するのが一般的です。

そういったサービスを使わず転職することも可能ですが、うまく利用した方がチャンスは間違いなく広がります。

順番としては次の「②書類の作成・提出」が先でも良いのですが、初めてで書類の書き方がわからない方はキャリアカウンセラーと相談しながら書類を作成すればいいので、転職サービスへの登録を先にしてもいいでしょう。

サイト登録時に履歴書や職務経歴書の提出を求められる場合もありますが、これらは「まだ準備できていない」と伝えれば問題ありません。

転職エージェント等は転職意思が固まっていなくても、そもそも転職すべきかどうかという相談にものってもらえるので、転職を考え始めたらまずキャリアカウンセラーに相談してみるのも1つの手です。

費用がかからないところがほとんどですので、気軽に利用してみましょう。

②書類の作成・提出

転職にあたって必要な書類はいくつかありますが、履歴書職務経歴書はほとんどの場合必須です。

履歴書は学歴、職歴等の自分の経歴を簡単にまとめる書類です。

職務経歴書は自分の過去の仕事における経験を書く書類です。

「自分はこんな経験をしてきた」「過去に仕事でこんな成果を出してきた」ということを書く書類です。

どんな内容を書いていいかわからない場合は転職エージェントに相談すると記載例などを提供してくれるので、それを参考にしてみるのもいいでしょう。

③面接

書類選考が通過すればいよいよ面接です。

面接は平均2〜3回行われます。

面接に進むとやり直しがきかないので、しっかり準備をしてのぞみましょう。

企業によっては筆記試験等で能力を判定するところもあります。

④内定・内定承諾

選考を通過すれば企業から内定をもらえます。

内定時に提示された条件に納得したら内定承諾をし、基本的にこれで入社が確定します。

内定を提示されてから承諾可否の意思表示をするまでの期限は数週間から長くて1ヶ月程度が上限になることが多いです。

複数の企業を受けている場合は他の企業の結果が出るまでに内定承諾をしなくてはならなくなることもあるので、面接のタイミングは気をつける必要があります。

⑤退職手続

内定承諾をしたら転職するにあたって現在の職場での退職手続きを進める必要があります。

法的には最低2週間前に退職の意思表示をすることが必要ですが、会社のルールで1ヶ月前までに意思表示することが求められる場合もあります。

業務の引継をする必要もあるので、転職が決まったらなるべく早く会社にその旨を伝えましょう。

転職にかかる期間

転職にかかる期間は人によってかなり異なりますが、3ヶ月前後かかるのが一般的です。

転職先を明確に決めていて短期集中で転職活動をする方もいれば、比較的長期間をかけて色々な企業を受けてみる方もいます。

面接を毎週1回受けるとすると3回面接があるとすれば3週間を要します。

準備の時間を考えると週に受けられる回数にも限界はあるので、複数の会社を受けるとなると面接だけで数ヶ月かかることも少なくありません。

内定承諾をしてから会社に退職の意思表示をして、そこから引継等をして退職するまでに1ヶ月程度かかる可能性があります。

それらを加味すると最低でも3ヶ月はかかると思っておいた方が良いでしょう。

転職サービス毎の違い

世の中には色々な転職サービスがあり、どんなサービスを使うべきなのか迷ってしまったり、サービスごとの違いがわからないこともあるので、簡単にご紹介します。

①求人情報(転職情報)サイト

リクナビネクスト、DODA等が有名です。

企業(求人側・採用側)は広告費を払って求人情報サイトに求人情報を掲載し、ユーザー(転職希望者)はサイトを利用して求人情報を検索し応募する仕組です。

転職希望者は膨大な求人情報を自由に見ることができるので、幅広く求人情報を収集したい方にオススメです。

転職意思がそこまで強くない段階で登録だけしておいて、気になった求人があったら問い合わせてみるというような使い方もできます。

情報量が多いのはメリットである一方で、情報量が多すぎてなかなか自分の求める求人を見つけられないというデメリットもあります。

②転職エージェント

リクナビエージェント、マイナビエージェント等が有名です。

企業(求人側・採用側)とユーザー(転職希望者)の間にエージェント企業のキャリアコンサルタント(キャリアカウンセラー)が入り、マッチングをしてくれるサービスです。

エージェントによっても異なりますが、キャリアカウンセラーは自分にあった求人の紹介だけでなく、必要な書類の書き方や面接対策、さらには内定後のフォローまでサポートしてくれるところも多いです。

手数料は企業からもらうので、ほとんどの場合ユーザー(転職希望者)はお金がかかりません。

ユーザー(転職希望者)は無料でキャリアカウンセラーの転職コンサルタントを利用でき、転職のプロであるコンサルタントからの様々なアドバイスやサポートを受けることができるなど、転職希望者にとってメリットの大きいサービスです。

デメリットとしては、担当のキャリアカウンセラーの能力に左右される可能性があります。

③スカウトサービス

転職希望者はサイトに情報を登録し、スカウトサービス上に情報を公開します(匿名の場合が多いです)。

求人企業はそれらの情報を見て、転職希望者にスカウトに連絡し、そこから実際の面接などに繋がります。

スカウトサービスは求人情報サイトや転職エージェントなどのサービスと一体となっているものも多いです。

④転職クチコミサイト

転職会議やVorkarsなどが有名です。

企業からの情報ではなく、実際にそこで働いていた従業員の会社に対する評判を見ることができるので、転職先を選ぶ上で非常に役に立ちます。

転職しようと思っている企業が「ブラック」じゃないか等をチェックできます。

但し、あくまでクチコミなので全ての情報が正しいわけではないということには注意が必要です。

⑤その他

上記以外にもヘッドハンターやビジネスSNS等など色々なサービスがありますが、初めての転職であればまずは転職エージェントで気軽に色々話してみるのがおすすめです。

20代の転職の特徴

出典:pixabay

それでは20代の転職における特徴について詳しく解説していきます。

第二新卒という選択肢

20代で転職を考えている人は勤続年数によっては第二新卒での転職ができる可能性があります。

第二新卒に明確な定義はないものの、新卒で入社した後3年以内を指すことが多いようです。

近年は新卒での就職売り手市場で、企業が十分な人員を採用することができず、第二新卒についても積極的に採用を進めているところも多いです。

第二新卒は社会人経験があるという点は評価しつつも、職務経験や具体的な業務スキルではなく、やる気や人柄などの人物面、ポテンシャル面を評価して採用することが多いため、新卒で入った業界が気に入らなかった場合なども経験0から転職できます。

こうした第二新卒での転職は求人情報としても特別な枠を設けていることも多いので、就職してから2〜3年以内の方は第二新卒での転職を検討してみる価値はあります。

最適な転職タイミングとは

20代で転職を考え出す頃は、転職のタイミングはとても気になるものです。

一般的に3年間は働いた方がいいとか、転職するなら若い内がいいとか色々なことを言われていますが、最適なタイミングというのは人によって異なるでしょう。

例えば第二新卒のタイミングで転職をしようとするなら新卒で入社後3年以内を目安に転職をする必要があります。

また、第二新卒でなくても年齢が若ければポテンシャル面を評価して積極的に採用してくれる会社もあります。

あるいは、そもそも募集に年齢制限を設けている場合もあります。

一方で、同業への転職についてはある程度今の会社で経験を積んだ方が有利になる場合や、リーダー経験やマネジメント経験が転職において評価される場合もあります。

また、あまりに短期間で転職を繰り返しているような方は転職時に不利な場合もあるので注意が必要です。

自分の年齢、職務経験と転職したい企業が求めるものをきちんと分析した上で考える必要があります。

20代前半で見られるポイント

20代前半での転職は、第二新卒での転職のように業務の経験というよりは人物面やポテンシャル面が重視される傾向にあります。

未経験者を対象とした求人も非常に多いので、自分の可能性を制限せず、やりたい業界にチャレンジするチャンスがあります。

逆にいうと、2〜3年での職務経験では高く評価されないこともあり、若さを評価されるうちに転職をするか、もう少し今の会社にいて転職時に評価されるだけの経験を積むかを慎重に考える必要がありそうです。

転職を急いでいない場合でも転職サイトに登録して、世の中にどんな求人が出回っているのかに目を通しておくことで、今後自分のキャリアの戦略が練りやすくなります。

実際に転職するとなると、2〜3年の職務経歴書に書けることも多くないので、面接でいかにアピールするかが重要です。

20代後半で見られるポイント

20代後半での転職は、20代前半と比較すればやはりこれまでの経験も評価の対象になりやすいです。

これまでに仕事でどんな経験をしてきたかを聞かれたり、チームマネジメント経験が有利に働いたりする場合も多いです。

必ずしも仕事で大きな成果を出している必要があるわけではありませんが、これまでの仕事の経験について職務経歴書にきちんと記載することや、面接でしっかり話せるように準備する必要があります。

業界内でのステップアップを狙うのであれば、転職時にどのような経験が評価されるのかを研究し、計画的にキャリアを積むことが重要になるでしょう。

一方で、20代は社会人としてまだまだ若手であり、未経験の採用も多いことから他業種へ転職するチャンスもまだまだあります。

30代に入ると他業種へ転職する機会が減るので、大きくキャリアチェンジを狙うのであれば20代後半はラストチャンスになる可能性もあります。

もし、本当にやりたいことが他にあるのであれば思い切って自分の行きたい業界への転職にチャレンジする価値はあります。

20代の転職で気になるギモン

出典:pixabay

1社目は3年間は勤めたほうが良い?

明確な理由はありませんが、入社3年間は頑張ってやりきったほうがいいというのはよく耳にする言葉です。

確かに、どんな仕事も3年程度は腰を据えてやってみないとその仕事の本質が見えてこないという面もあります。

一方で転職においては若さは高く評価されるというのも決して無視できない事実であり、どうしても嫌な仕事を無理に3年間こなすぐらいなら若いうちに転職してしまった方がいいという場合もあります。

3年以内に転職をする場合も、なぜ自分が短期間で今の仕事を辞めようと思っているのか、理由をきちんと説明できることが重要です。

転職回数は多すぎない方がいい?

転職回数があまりに多いと転職において不利に働く場合も少なくありません。

やはりそういう方は「うちの会社に入ってもすぐに辞めてしまうじゃないの?」とか「つらい仕事からすぐ逃げてしまうんじゃないの?」という懸念を持たれることが多いでしょう。何回までならいいのかという明確なラインはありませんが、20代で既に2回以上転職経験がある場合、次の転職には慎重になった方がいい可能性があります。

転職経験が多い方はその理由を聞かれる可能性が高いので、それについてネガティブな印象をもたれないようにきちんと説明できるように準備する必要があります。

また、あまりにも短期に転職したくなる方は、一度真剣にその理由を考えてみるのも良さそうです。

短期に転職を繰り返しているということは過去の転職が上手くいっていなかった可能性が高いので、その原因をきちんと分析しましょう。

20代なら異業種・未経験でも転職できる?

業種にもよりますが、20代の転職では異業種への転職、未経験での転職もしやすいのが特徴です。

もちろん看護師のような資格が必要な職種や特別専門性の高い職種については例外ですが、20代を対象とした求人では必ずしも経験者を対象としておらず、未経験者でも積極的に採用している企業も多いです。

こうした求人は年齢とともに減少し、30代を対象とした求人では即戦力になる経験者を対象とした募集が多くなることから、他の業界や職種へチャレンジしたい場合は20代のうちに転職する方が可能性は広がります。

とはいえ全ての求人で未経験がOKなわけではないので、気になる業界・職種について未経験での転職が可能かはキャリアカウンセラーに相談してみるといいでしょう。場合によっては、希望する業界に入るために一旦別の企業で経験を付けてから段階的に転職するという選択もありえます。

転職すると給料は下がる?

転職すると給料が上がるのか下がるのかは転職において非常に気になるポイントです。

これは転職の仕方によって大きく変わってきます。

これまでも書いている通り、20代の転職では異業種への転職のチャンスもあるため、業界を超えた転職ではそもそも平均給与の額も変わるので、上がる可能性も下がる可能性もあります。

平均年収の高い業界を目指せば給料が上がる可能性もありますし、給料を下げてでもやりたい業界に転職するという選択も有りえるでしょう。

また、同業他社への転職であれば、高い給料を求めてステップアップを狙える場合もあります。

20代での転職は選べる選択肢が多いので、お金を重視するのか、やりがいを重視するのか、ワークライフバランスを重視するのか等、自分の求めるものによって様々なチャンスがあります。

転職サイトと転職エージェントってどっちがいいの?

転職サイトと転職エージェントの違いについては前述した通りですが、どちらを使うべきでしょうか。

結論から言えばどちらも一長一短あるものの、転職エージェントを利用するメリットの方が多いと言えます。

転職サイトは自分のペースで色々な求人を見ることができるので、ハードルが低く気軽に利用できます。

一方で転職エージェントに登録すると、キャリアカウンセラーから「ではまず面談しましょう」という連絡がきて、まだそこまで転職意欲が高くない方にとってはハードルが高いように感じます。

しかし、キャリアカウンセラーは「そもそも今転職すべきなのか迷っている」とか「数年後に転職したいけど今何をすべきなのか」という相談も受けてくれますし、少しでも転職意思があるのであれば、早めに相談して損はありません。

何よりキャリアカウンセラーは毎年何十人という転職者の相談にのっている転職のプロフェッショナルなので、一人で悩むよりキャリアカウンセラーに相談した方がいいと言えます。

女性と男性の転職の違いとは?

男女の転職に極端な違いはありませんが、やはり女性の方が出産等のライフイベントの影響を受ける度合いが大きいと言えます。

特に出産時は一定期間は仕事を休まざるを得ないので、出産を考えている方は転職のタイミングには注意する必要があります。

出産の予定があるのであれば、転職はその前にするのか後でするのかでキャリアの描き方が変わってきます。

転職後に出産するのであれば、転職先が子育てのサポートが充実しているか等も気にする必要があります。

転職先を選ぶ上で考えるべきこと

出典:pixabay

これから伸びる業界、縮小する業界

近年は誰もが知っているような超大企業が経営不振に陥ったり倒産したりといったニュースも耳にするようになりました。

もはやどんな大企業であっても潰れないという保証はなく、安易にネームバリューで転職先を選ぶことはおすすめできません。

転職先を選ぶ上ではその業界がこれから伸びるのか、縮小していくのかにも注意する必要があります。

では将来性のある業界とはどんな業界なのでしょうか。

典型的に伸びている業界はやはりITの企業と言えるでしょう。世界の企業価値TOP10はアップル、アルファベット(google)、マイクロソフト、アマゾンドットコム、FacebookといったIT企業が名を連ねており、日本においても最近ソフトバンクが日本企業として初めて純利益1兆円を達成しました。

こうしたIT企業は短期間で急速に成長するという特徴を持っており、さらに高い利益率を武器にAI等の新領域にもどんどん投資をし、今後もますます巨大化していくことが予想されます。

大きな会社ならいいというわけではありませんし、もしかしたらその業界がなくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

将来AI・ロボットに奪われる仕事

急速にAIが発達する今の世の中を見ると、会社として、業界としての成長性とは別に、職種単位での将来性というのも気にする必要がありそうです。

オックスフォード大学でAI研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授によれば、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いそうです。

日本でもAI化、ロボット化によって仕事が機械に奪われていくことが予想され、これはもはやSFの世界の話ではなく、現実の話なのです。

20代で選ぶ仕事というのは、これから30年〜40年、平均寿命が伸びればさらに長い期間働くことになるかもしれないので、転職する上で将来AIやロボットに置き換えられてしまう仕事かどうかを考えるのは重要になってくるでしょう。

ではどんな仕事が無くなっていくかというと、やはり生産性の低い単純作業はAIやロボットに置き換わりやすいと言えるでしょう。

単純作業はどんどん機械に任せてコストカットし、その分生産性の高いスキルを持った優秀な人材には積極的に投資するようになることが予想されます。

そのため生産性の高いスキルを持っているかどうかで、私達の将来は大きく変わってくると言えるでしょう。

これからの世の中で必要とされるスキル

これらを考えると、将来性のある業界で、生産性の高いスキルを持って働く人ほど経済的には有利になると考えられます。

その代表例がプログラミングスキルです。

世の中はどんどんIT化され、あらゆる業界がプログラムに置き換わっていくと考えられます。

例えばタクシーや運送業といった自動車を運転する仕事は、近い将来自動運転に置き換えられていくことが予想されますし、最近では高い精度で自動翻訳が行われグローバルに仕事が行いやすくなっています。

あるいは農業はドローンの活用で人手が削減され、FinTechといった技術は金融機関の仕事を奪っていく可能性が高いです。

こうして世の中がどんどんプログラムに置き換わって人の仕事が減る一方で、プログラムを作る側の人材の需要はどんどん高まっていきます。

経済産業省によれば、IT人材の不足は2016年には13.2万人、2020年には36.9万人が不足するという調査結果が出ています。

これからの世の中はあらゆるものがIT化し、プログラム化されていくので、プログラミングはこれからの世の中で最も求められるスキルであり、一生モノのスキルと言えます。

20代におすすめの転職サイト・転職エージェント

出典:pixabay

転職サイト、転職エージェントは様々な種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。各サービスの特徴とその代表例について説明します。

大手転職エージェント

大手転職エージェントは求人数が多いのが特徴です。

とにかく可能性を広げて色々な求人を見てみたい場合は大手の転職エージェントを利用してみるのも1つの手段です。一方で、求人数が多すぎてなかなか的を絞った転職が出来ないということもあるので、職種等によっては特化型のエージェントを利用した方がいい場合もあります。

大手転職サイト

転職エージェントと転職サイトの違いやメリット・デメリットについては既に書いた通りです。

転職サイトについてもやはり大手は求人数が多いというメリットがあります。

基本的に転職サイト運営者は転職エージェントも運営しているため、転職サイトで見つけた求人にエージェントを使って応募するということも可能です。

業界・職種特化型エージェント

特化型のエージェントはやはりその領域については大手エージェントよりも精通していることが強みです。

担当のキャリアカウンセラーもその業界の特徴や対策等に熟知しています。

経理、総務、法務といった管理部門専門のエージェントや、ベンチャー企業に強い転職エージェント、外資系企業に強い転職エージェント等、女性専門の転職エージェント等、色々な転職エージェントがあります。

また大手転職エージェント企業が職種別に専門のページを設けている場合もあります。

あるので自分の気になる業界があればその業界を得意とする転職エージェントを探してみるといいでしょう。

TECH::EXPERT

最後に、Webエンジニア転職サービス「TECH::EXPERT」について紹介します。

これまで繰り返し書いてきた通り、20代は未経験でも多くの求人があり、これまでのキャリアに囚われずやりたいことにチャンレジできます。

特にIT業界は人手が不足しており、Webエンジニアは売り手市場です。もし今の仕事に満足していないなら、これまでと全く異なる業界・職種への転職を考えてみるのも一つの手段です。

TECH::EXPERTでは、全くの未経験者を対象に、知識0からプロのエンジニアになる既存の転職エージェントとは全く異なるエンジニア養成プロジェクトです。

Webエンジニアへの転職についてはこちらの記事でも詳しく紹介しているのでご覧下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

20代での転職はまだまだたくさんの可能性があるので、是非自分の可能性を狭めることなく、自分が本当にやりたいことにチャレンジするのも良いのではないでしょうか。

初めて転職される方は、しっかりと情報収集をし、是非後悔のない転職をして下さい。

絶対に挫折しないテクノロジー体験会で
最新のプログラミングを学ぼう

プログラミング体験会

TECH::CAMP』のプログラミング体験会なら、Webや人工知能、VRといった最新テクノロジーを無料で学べます。教室で講師に質問し放題なので、全くの未経験からでも絶対に挫折せずにやり切れます。

  • 実際にプログラミングを触れる
  • 質問し放題なので、疑問点が即解消される
  • テクノロジーをなぜ学ぶべきなのか明確になる
  • 人工知能やVRなど他では学べないテクノロジーが学べる

まずは一度プログラミングに触れてみたい方は気軽にご参加ください。なお月に1000名以上が参加するため、予約はお早めをオススメしております。

プログラミング体験会を詳しく見る

石原圭 石原圭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→