テックキャンプのキャリア相談
資料請求はこちら

全国レベルのマッチョ大学生が教える「エンジニアが体を鍛えるべき4つの理由」

公開: 2016.05.07 更新: 2020.02.10

この記事はベストボディ・カレッジでファイナリストに選ばれた関西指折りのマッチョが「エンジニアが体を鍛えるべき理由」について書いた特別記事です。

トレーニングを生活に取り入れることで、エンジニアとしての生産性を向上させることができます。

自身の体調は、日頃のパフォーマンスに大きな影響を与えます。生産的に効率よくプログラミングをするために、PCの性能や環境にこだわるのと同様に自らの体調も良い状態を整えていくことが大切なのです。

筆者のプロフィール 濵口 魁希

1994年生まれ。関西学院大学経済学部在学中。大学1年時からトレーニングを始め、格好良い体を目指して鍛え続けており、大学2年時に日本一格好良い体を決める大会、ベストボディ・ジャパンに出場。今年の4月に行われた学生日本一を決めるベストボディ・カレッジではファイナリストに選ばれた関西指折りのマッチョ。テックキャンプ梅田のメンター。

圧倒的な自信を身に付けることができる

正直なところ、エンジニアってオタクで暗いイメージを持っている方が多いと思います。それゆえに偏見を持たれ、金髪のD◯Nお兄さんやイケイケ体育会系になめられた経験も少なくないはず・・・。

トレーニングはそんなエンジニアに対するネガティブイメージを吹き飛ばし、自信と活力を与えてくれます。

論理的思考能力が高く頭のいいエンジニア達が、夏の海を制するマッチョな体を兼ね備えれば向かうところ敵なしです。

こちら実は科学的な裏付けも存在します。トレーニングを行うとテストステロン(男性ホルモン)が多く分泌されます。

テストステロン値が高くなると人は自信に満ち溢れ、決断力や積極性を生み出します。

実は、ビジネスやスポーツなど様々な世界で、活躍している人物のほとんどはテストステロン値が高い人達だと言われているのです。

トレーニングを通じて自信が持てる格好良い体をつくり、テストステロン値が上昇することで大きな活力を生み出せるというわけです。

食事に気を使うようになる

food-plate-toast-restaurant

 

トレーニングを始めると食事にも気を使うようになります。

筋肉を付けるためには適切にバランスよく栄養を摂取する必要があるため、無駄な間食や偏った食事、暴飲暴食をしなくなり、結果として健康な体をつくることができます。

体調が優れなければ、どれほど優秀なエンジニアでも高いパフォーマンスを発揮することはできません。

ここでは一例として「食後のインスリンショックによる眠気」について取り上げます。食事や間食を行うと直後に血糖値が上昇します。

血糖値が上がると体はインスリンを分泌します。

このインスリンの働きによって血糖を取り込んでエネルギーを生み出し、筋肉の材料であるタンパク質を合成したりするのですが、早食いや血糖値の上がりやすい食べ物(高GI値の食べ物)を食べてしまうと急激に血糖値が上がり、インスリンが大量に放出されてしまいます。

その結果、食事前よりも血糖値が下がることでインスリンショック状態となり、眠気が襲ってくるのです。つまり、血糖値が上がりにくい食事を心がけることで食後の眠気やだるさを回避することができます。

これは一例ですが、このように食事の知識を身につけることは高いパフォーマンスを発揮する上で欠かせません。

高い集中力と論理的な思考力を求められるエンジニアにとって、生産性を向上のためにまず自分の食事や体調について知識を身につけ常に良い状態を維持していくことは非常に大切です。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。教室でもオンラインでも学習が可能です。

テックキャンプには「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」があるので、転職成功率は98%以上!実際に受講した人の体験談はこちら

今後のキャリアに迷っているなら、一度無料カウンセリングで相談してみませんか?無理な勧誘は一切致しませんので、お気軽にどうぞ。

幅広い人脈を作ることができる

fitness-863081_960_720
男性女性問わず、誰もが人生で一度は「ジムに通って鍛えようかな。」「太ってきたしダイエットしようかな。」と思ったことがあると思います。

実際にトレーニングやボディメイクに興味を持つ人はかなり多く、私自身トレーニングについて質問を受ける機会が非常に多いです。それがきっかけで会話が弾み、繋がりがたくさん増えました。

ほとんどの人が興味を持つ分野のため、話のネタにもなりやすく、普段全く自分が接することのない分野の人達ともコミュニケーションを取ることができ、新しい刺激を受けることができます。

イノベーションを生み出すには多様性が必要だと言われていますが、トレーニングは筋肉を成長させるだけでなく、他分野に精通する人たちとの繋がりを生み出し、イノベーションを起こすエンジニアにとって最高の環境を整えてくれるのです。

この記事のハッシュタグ

筋肉の成長とプログラミングのコツは同じ

FSPLFPQBCZ
「まさか・・そんなわけないだろ・・・。」ほとんどの方がそう思われるでしょう。しかし、意外にも筋肉とプログラミングの上達には共通点が存在するのです。その共通点とは「インプットしたことがはっきりと成果に現れる。」ということです。

エンジニアの多くは、技術を学び、自分でコードを書いてアプリが動くことに喜びを感じるでしょう。インプットした知識ははっきりと技術力という形で成果に現れます。

実はトレーニングも同じなのです。ベンチプレスのフォームやメニューの組み方、食事方法などを学ぶインプットと実際にトレーニングを行うアウトプットを繰り返すことでカラダにはっきりと成果が現れます。

これが、筋肉の成長とプログラミングの上達において非常にサイクルが似ているところです。つまり、プログラミングが好きな人はトレーニングにもハマる可能性が高く上達するスピードも早いのです。

ぜひ、生活のなかにトレーニングを取り入れ健康的な体を作り、高い生産性を維持してください。少しでも僕が学んでいる筋肉と栄養についての知識がエンジニアの方の役に立って欲しいと思います。


「自分史上最高の体」を手に入れてください。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement