【金丸翔】やりたいことが明確でない方こそ受講を!

TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

なぜプログラミングを学ぼうと思いましたか?

プログラミングがこれからの社会に必要なスキルだと考えたからです。

現在理系の大学に通っているのですが、プログラミングの知識がないとこれからの社会で活躍することはできないと思っていました。

大学でプログラミングの授業はあったのですが、質問できる人が周りにいなかったため、挫折をした経験がありました。

そんなときに、いつでも質問ができる環境が整っているTECH::CAMPを友達に紹介してもらったのがきっかけで、受講に至りました。

TECH::CAMPを受講してどうでしたか?

とにかくカリキュラムがわかりやすかったです。
解説のわかりやすさはもちろんですが、課題形式になっているのも良かったです。

プログラムの解説を読んで理解したつもりでも、まっさらの状態から書けるかと言われると、書けない場合がほとんどです。

TECH::CAMPでは実際に手を動かしてプログラムを書く機会が多かったので、知識がより定着したと思います。

また、疑問をその場で解消できる環境も非常に良かったです。
メンターのおかげで、悩み続けて学習が止まってしまうことはありませんでした。
メンターがいなければ、ここまで早くプログラミングを習得できていなかったと思います。

TECH::CAMP受講後にどんな変化がありましたか?

受講前はプログラミングに対して苦手意識がありましたが、今はプログラミングを楽しいと感じられています。

また、さまざまなサービスを消費者視点ではなく、そのサービスを提供する裏側の立場から考えることができるようになりました。

今、TECH::CAMPで何をしていますか?

Webアプリケーションコースでプログラミングを教えています。

また、未経験から3か月でプロのエンジニアを育てるテックエキスパートでプログラミングを教えることができるように日々勉強しています。

受講生の人生を変えることができるように、確かな技術を身につけたいです。

これからどうやってプログラミングスキルを活かしていきたいですか?

プログラミングを活かした仕事をしたいと考えていますが、明確には決まっていません。

今は、プログラミングの知識を活かして受講生の力になりたいと思っています。
そのためにはまだまだ学ぶべきことがたくさんあるので、日々成長できるように頑張ります。

TECH::CAMP受講検討中の方へメッセージ

悩んでいるなら1日でも早く始めたほうが良いと思います!

自分はもっと早く始めればよかったと後悔しているくらいです。
やらないで後悔するのはもったいないですし、なにより悩んでいる時間が一番もったいないと思います。

自分のようにやりたいことが明確に決まっていない方、今やっていることが楽しくない方は特に受講していただきたいです。
人生が変わるきっかけになることを約束します。

 

TECH::CAMPについて

TECH::CAMPは、講義形式で知識だけを学ぶのではなく、実際にサービスを作りながら実践的に学んでいきます。

TECH::CAMPならプログラミングが、なんとなく分かるではなく、一人で出来るようになります。

また、質問し放題のため、分からないところを質問しすぐに解決することで、どんどん新たなスキルを身につけることができます。

この機会にプログラミングを学びませんか?

TECH::CAMPはあなたを挫折させません!
独自試験に合格したメンター(講師)がお待ちしています。

東京都内に複数・大阪梅田・名古屋などに教室があるTECH::CAMP(テックキャンプ)で、同じ目標を持った仲間とプログラミングを学びませんか?

TECH::CAMPメンター
  • スキルを最短で身につけて時間の節約をしたい
  • 会社に依存しない、10年後も使えるスキルを身に着けたい
  • Webデザイン、AI、VRにも興味がある

1つでも当てはまる方は今すぐ無料体験会にお越し下さい!

TECH::CAMPの詳細をみる

(なお、メンターインタビューは取材時に在籍しているメンターです。記事をご覧いただいている時点ではTECH::CAMPに在籍していない場合もありますのでご了承ください。)

江戸しおり 江戸しおり
ライター。 TECH::NOTE編集部でインタビュー、執筆、編集を行っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー