オンラインでプログラミングを習得した人の話を読む

【田畑雄也】今、プログラミングスキルは必須の時代

作成: 2016.09.20 更新: 2019.05.24

なぜプログラミングを学ぼうと思いましたか?

プログラミングを学ぶことで自分の進むべき道の幅が広がり、就職や独立をすると考えたときにもこれからは必須なスキルだと考えたからです。

元々、物作りを行いたいと思っていて、パソコン一つでモノ作りが行えるという、ある意味「究極の物作り」をしたい思っている事も一つの理由です。

モノ作りをする際、プログラミングなら一人でも複数人でもできる事が魅力的でした。

さらに、プログラミングを扱えるようになることで、世界中のどこに居ても仕事ができるという点もとても魅力的でした。

テックキャンプを受講してどうでしたか?

プログラミングを学ぶ敷居が凄く下がりました。プログラミング言語の概要、どのような構造でどのように使われているのかが具体的に分かるようになりました。

カリキュラムが凄く分かりやすく、自分の力だけであってもプログラミング学習を進めることが出来ました。

教室で質問をした際にも、メンターの方に最後まで丁寧に対応をして頂いたという印象でした。

具体的には、最初の環境構築の部分で結果的には2日もかかってしまうような結果になったのですが、その際に最後まで対応をして頂いたのがとても嬉しかったです。

受講する中でメンターの方と一緒に働いていみたい、もっと接していきたいと思い、結果としてメンターになる決意をすることが出来ました。

実際の教室の雰囲気についても、とても学習しやすい雰囲気でした。すごく静かでもなく、騒がしくもなく自分が集中する空間としてはとても良かったです。

自宅にいながら、プロのカウンセラーにキャリア相談!

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプはオンラインで学習が可能です。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供します。

キャリアに悩んだら、まずはビデオ通話で無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。

オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

テックキャンプ受講後にどんな変化がありましたか?

受講後には、自分で簡単なWebアプリケーションを構築出来るぐらいにはなることが出来ました。

プログラミング言語やフレームワークを使用しての開発というものがどのようなものなのかということが理解出来たのが大きいです。

他の言語を学ぶ機会にとても学習しやすく、テックキャンプを受講したことがとても生かされていると感じました。

受講の期間にしっかりとプログラミング学習を行ったので、今後エンジニアになりたいのか、別の道に進みたいのかという進路についても考える良い機会になったと思います。

自分の手でなにかを生み出すというモノ作りの楽しさ、価値、そして難しさを身をもって体感することが出来ました。

実際のエンジニアの方とお話をする際にも、受講前と後で話すのでは会話のしやすさ、理解度が全く変わりました。

この記事のハッシュタグ

今、テックキャンプで何をしていますか?

メンター活動、研修用カリキュラムによる技術研鑽、新規事業の立ち上げを行っています。

その他にも、メンター活動の効率化を考えるチームに所属して、事業がより効率的に回るような仕組みを日々考えています。

これからどうやってプログラミングスキルを活かしていきたいですか?

活かしたいことはたくさんあります。

具体的には、自分がプログラミングスキルを取得した過程や、取得した方法を他の人に伝えていくことや、サービスやモノ作りに生かしていきたいと考えています。

また、世界中で仕事を行いたいと思ったときに、どこに行っても仕事で困らないようにしたいです。

その他には、自分の子供や家族が出来たときに、これらのスキルを必要なタイミングで教えたいとも思っています。

さらに、知り合いや仲間が起業をして、プログラミングのスキル必要になったときに、自分のスキルを活かして手助けをしたいと持っています。

テックキャンプ受講検討中の方へメッセージ

今の時代、スマホを生活の中で必要最低限使用する人から、開発を行う人、それを生業にしている人まで多岐に渡っていると思います。

そして、共通して言えることは、既にインターネットやITに触れることなく生活をすることは出来ない時代になってきているということです。

この時代を生きていくのに、ITに関するスキルは必須です。

プログラミングを学ぶということは、そのインターネットやWebサイトがどのように使われているのか、どのような構造で動いているのかということを知るということに繋がります。

つまり、その知識を使うことで最先端の技術の理解にも繋がり、その技術を享受しやすくなります。

これは、今の生活をさらに便利に、豊かにすることが出来るということです。そのような情報を主体的に得ていくことが出来るようになります。

僕は大学のときに、プログラミングを学んでいたのですが、そのときは学校教育であったこと、何か動くものを作ることをしていないので、全然楽しくなかったことを覚えています。

二度とプログラミングを学ぶものかと思っていました。

しかし、テックキャンプに出会い再びプログラミングに出会ったときに、とても楽しく、社会に生かされ、かつ自分を表現することが出来る素晴らしいものであるということに気付くことが出来ました。

このような体験をできる場所は他にありません。プログラミングスキルを得るためのハードルはとても低くなっています。

一昔前には無かった、このような場所にまずは飛び込んでみて欲しいと思います。プログラミングが好きになればそのまま自分で学習を進めていくことも出来ます。

しかし残念ながら、プログラミングは自分には合っていなかったと感じる方もいるかも知れません。

ただ、そのような方は「合わなかった」ということに気付くことが出来たという経験を得ることが出来ます。

時間や金銭面などでの言い訳はいくらでも出来ると思います。しかし、そのような言い訳を乗り越えてしか得ることが出来ないものもあると思います。

その一歩を是非乗り越えて欲しいと思います。

挫折せずにやり切れる!テックキャンプならではのオンライン学習とは?

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%オンラインで学習が可能です。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプの魅力は教室だけではありません。オンライン・オフラインどちらでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと「やり切らせる学習環境」を提供します。

オンラインでプログラミングを習得した方のインタビューをぜひ読んでください。オンライン学習の感想や学習をやりきるコツがわかります。

オンラインでプログラミングを習得した人のインタビューをみる

この記事を書いた人

平田裕哉
中学3年生の頃にアフィリエイトがきっかけでインターネットに興味を持つ。 大学3年時に起業をした後、2015年1月にTECH::CAMPを第3期で受講。 現在はVR事業部の責任者としてコースの立ち上げ、運営を行っている。 Twitter: @vr_yuya