未経験から10週間でエンジニア転職!新年から受講するなら今相談

【ITエンジニアを目指す】失敗しないプログラミングスクールの選び方を徹底解説

更新: 2020.07.09

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

将来性の高いIT業界で、ITエンジニアとしてのキャリアをスタートさせたいと考えていませんか?

ITエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールの利用が一番の近道です。しかし、数あるプログラミングスクールの中から、どのように自分にあったスクールを選べば良いか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、失敗しないプログラミングスクールの選び方を詳しく解説しています。あなたに最適なプログラミングスクールを選び、短期間で効率的にITエンジニアへの転職を実現しましょう。

※記載されている内容は記事公開時点での情報です。サービス内容は予告なく変更の場合がありますので予めご了承ください。最新のサービス内容は公式Webサイトをご覧ください。

この記事の目次

ITエンジニアを目指す人がプログラミングスクールに通うべき理由

ITエンジニアを目指している方は、プログラミングスクールの受講がおすすめ。
以下で、その理由について解説します。

プログラミングはこれからの社会で重要なスキル

プログラミングは、ITエンジニアをはじめとするこれからの社会で生きる方にとって重要なスキルです。

テレビのニュース・新聞でAI・ビッグデータ・IoTといったIT関連の言葉を目にしない日はないでしょう。電車の中や街中でスマホを使っている人を見かけるのも日常的な風景です。そもそも、この記事をスマホで読んでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現代において、ITは生活からビジネスシーンまで幅広く浸透。「政府が推進するSociety 5.0の実現」「次世代通信システム5G」「VR・ARなどの最先端技術の普及」「AIのさらなる活用」など、今後はさらにITは欠かせない存在となると考えられます。

日々の生活において、ITやプログラミングの知識の重要性を感じている方も少なくないでしょう。これからの社会で活躍するためには、エンジニア・非エンジニアに関わらず、ITを理解する基礎となるプログラミングスキルの習得はとても重要です。

プログラミングのスキルを学ぶ方法はいくつもあります。ただし、ITエンジニアになるために効率的に挫折せずに学びたいのであれば、プログラミングスクールがおすすめです。

仕事をしながらでも通いやすい

プログラミングスクールは、仕事をしながらでも通いやすいです。土日の休日や仕事後の時間を利用して、プログラミングの学習が進められます。

ITエンジニアを目指すために、多くの方はプログラミングのスキルの習得を考えるでしょう。プログラミングを学ぶ方法として、独学・プログラミングスクール・IT業界への転職などがあります。

独学はコストを抑えてすぐにはじめられます。プログラミングに興味を持った場合に、挑戦する方も多い一般的な方法です。

ITエンジニアとして転職を行い、研修や業務を通してスキルを身につけるという方法もあります。しかし、これは失敗するリスクへの考慮や、何も知らない状態で違う仕事に飛び込む覚悟が必要です。プログラミングのスキルを身につけるという目的であれば、あまり現実的とは言えないでしょう。

プログラミングスクールは、ノウハウや実績に基づくカリキュラムが用意されているので取り組みやすいです。講師からの手厚いサポートも魅力と言えるでしょう。また、「学習効率が高い」「取得できるスキルが明確」「挫折しづらい」といったメリットもあります。

プログラミングスクールを利用すれば、仕事をしながらの限られた時間でも、着実にプログラミングのスキルが身につけられるでしょう。

ITエンジニアを目指すなら独学よりもプログラミングスクールがおすすめ

プログラミングのスキルを身につけて、ITエンジニアとしてのキャリアをスタートさせたいのであれば、独学よりもプログラミングスクールがおすすめです。

社会人として働いている方にとって、時間とお金は重要な要素です。独学を選んだ場合には、学習効率が悪くなりやすく時間がかかります。また、教材などにお金をかけたにも関わらず、挫折してムダになってしもう場合もあるでしょう。

とはいえ、初心者の独学が絶対にムリなわけではありません。少し時間はかかるかもしれませんが、学習方法について理解して取り組めば独学でもプログラミングスキルは身につきます。

プログラミングを独学ではじめてみたいという方は、下記の記事を参考にしてください。

プログラミングが独学できても転職活動でつまずく

独学である程度のプログラミングのスキルを身につけられても、転職活動がうまく進められない可能性もあります。

自分の力で転職活動を一から行うため、時間がかかることも予想されます。プログラミングの学習と転職活動を並行した場合には、学習にあてる時間が取りづらくなるのでどちらにしても長期化するでしょう。

もしも、希望する職種で使うプログラミング言語と、あなたが学んだプログラミング言語がマッチしていなければ再び学習が必要となります。

転職活動に不安がある場合には、転職サポートが充実したプログラミングスクールも選択肢として検討しましょう。そのようなスクールを選べば、ITエンジニアとしてのキャリアが描きやすくなります。

プログラミングスクールを決める時の心構え

ITエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールの受講はおすすめです。
しかし、どのスクールでも良いわけではありません。

以下で、数あるプログラミングスクールの中から、あなたが受講するスクールを決定するための心構えについて解説します。

プログラミングを学びたい理由を明確にする

なぜ、プログラミングを学びたいと思ったのか、その理由を明確にしましょう。それが、プログラミングスクールを決める時のベースとなります。この記事を読んでいる方の多くは、ITエンジニアになりたいという理由があるでしょう。

しかし、ITエンジニアと一口に言っても、さまざまな職種があります。「将来どのようなキャリアを描きたいのか」「ITエンジニアとしてどのように活躍したいのか」など、あなたのプログラミング学習の動機をしっかりと掘り下げましょう。

プログラミングスクールは時間と費用がかかる

プログラミングスクールの受講には、時間と費用がかかることを覚悟しましょう。

「スクールに通う」「オンラインで学習する」といったどのような方法でも、学習には時間が必要。また、スクールによって金額は異なりますが、費用もかかります。

しかし、時間と費用を消費していると捉えると、焦りや迷いが生まれて学習の効率が下がってしまい場合もあるでしょう。そのような場合には、未来の自分に目を向けます。

ITエンジニアとして活躍する将来の自分に対する投資と考えると学習のモチベーションも上がるのでおすすめです。

プログラミングスクールを紹介している記事だけで判断しない

プログラミングスクールを紹介しているインターネット上の記事だけで判断するのはやめましょう。あたかも実体験のように書いてある記事もありますので、鵜呑みにするのは危険です。

まずは、基本としてプログラミングスクールのWebサイトを細部まで読みましょう。その上で、実際に体験した方の口コミも参考情報として見ると理解が深まります。Twitterなどで、受講者の意見を調べるのもアリです。

プログラミングスクールに対して、不明な点や不安な点を残したままの受講はおすすめできません。無料体験への参加やWeb上で質問を行ってしっかりと解決しましょう。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。
テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。
転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持!
キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリングでITキャリア相談を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。
オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

プログラミングスクール選びで失敗するケースについて

プログラミングスクール選びにおいて、よくある失敗するケースについて紹介します。
あなたがプログラミングスクールを選ぶ際の参考情報として利用してください。

教室の雰囲気が合わなかった

「講師に質問がしづらい」「教室が学びづらい空気でストレスを感じる」など、教室の雰囲気がイメージと合わずに失敗したというケースです。効率的にスキルを身につける上で、学習を行う環境はとても大切。

早くプログラミングを学びたいという気持ちが強いあまりに、体験入学などのリサーチが足りなかった場合に起こりやすい事例と言えるでしょう。

先入観で教室を選んでしまった

高い金額を取っていれば良いプログラミングスクールに違いないと思い込んで失敗するケースです。「他の人から勧められた」「短い期間ではスキルが身につかないと言われた」など、自分で考えずに先入観でプログラミングスクールを選ぶのはやめましょう。

プログラミングスクールに限ったことではありませんが、料金が高いからといってあなたにあった良いスクールとは限らないのです。

学習方法の検討が不十分だった

学習方法の検討を十分に行わなかったために、プログラミングスクール選びに失敗するケースもあります。

プログラミングを学ぶ方法はプログラミングスクールだけではありません。あなたの身につけたいスキルや個性にあった学習方法の選択が重要。

プログラミングスクールの提供されているコースが、初心者には難しい場合もあります。具体的に学びたいプログラミング言語が決まっている場合には、動画や参考書の方が学びやすいということもあるでしょう。

プログラミングスクール選びを成功させるには

失敗するケースについて、理解できたでしょうか。
次にプログラミングスクール選びを成功させるポイントを解説します。

プログラミングの学習方法を調べる

ITエンジニアになるべく、プログラミングのスキルを身に着けたいのであれば、プログラミングの学習方法を調べましょう。Webサイト・動画・本などさまざまな学習方法があります。無料で利用できるサービスも多いので、気になったものは試すのがおすすめです。

プログラミングスクールも学習方法の1つだと理解すれば、あなたにあったプログラミングスクールに出会える可能性は高まるでしょう。

体験入学を利用する

体験入学や相談会などを行っている場合には、入学する前に必ず参加しましょう。それにより、教室の雰囲気や講師とのミスマッチを防ぐことが可能です。

プログラミングスクールはけして安い買い物ではありません。衣服・家具・自動車など高価な買い物をする際は、実際に手にとったり試してみたりする方が多数ではないでしょうか。

それと同じように、入学する前にプログラミングスクールを体験してみることをおすすめします。

他のスクールと比較検討を行う

プログラミングスクールを選ぶ場合には、必ず他のスクールとの比較検討を行いましょう。

価格をはじめ、学べるプログラミング言語・受講スタイル・受講期間・教材・成果物など、検討する材料は幅広いです。

以下で、比較検討するポイントについて詳しく解説しています。ぜひ、参考にしていただいてプログラミングスクール選びを成功させましょう。

プログラミングを学びたい目的からスクールを選ぶポイント

「転職の実現」「フリーランスになる」「起業する」など。
あなたがプログラミングを学びたい目的からスクールを選ぶポイントについて解説します。

転職を実現したい

ITエンジニアとして転職を目指す場合には、転職サポートが手厚いプログラミングスクールを選びましょう。

転職サポートを行っているだけでなく、確かな実績があるかどうかも判断材料となるでしょう。また、卒業生でITエンジニアとして成功しているかも調べることもおすすめです。

フリーランスとして活躍したい

フリーランスが目標の方は、学習したスキルを証明できるポートフォリオの製作まで行えるプログラミングスクールがおすすめ。

企業から安定して仕事を得るためには、信頼・信用が第一です。その入口としてポートフォリオの提示は大きく役立つでしょう。仕事を獲得して実績を積み上げることで、フリーランスとして収入や携わる案件を増やしていくことが可能になります。

起業したい

サービスを開発して起業したい方は、どの程度のレベルのスキルが身につくかしっかり確認しましょう。開発から運用まで回し方や人への依頼の仕方など、学ぶべきことは多いです。

起業やビジネスについて相談できるなど、技術以外のサポートもしてくれるかも大切。無料体験で確認すると良いでしょう。

オリジナルのアプリを開発したい

アプリ開発を行うITエンジニアになりたい場合には、「開発サイクルが学べるか」「オリジナルのアプリ製作までサポートしてくれるか」がプログラミングスクールを選ぶポイントです。

一人前のITエンジニアとしてアプリ開発を行っていくためには、1〜2年程度の実務経験が必要とされています。アプリ開発を行うITエンジニアとして転職を目指すのであれば、アプリの開発サイクルの理解や実際にアプリを最後まで作った経験があると有利です。

学べるプログラミング言語から絞り込む

そのプログラミングスクールで学べるプログラミング言語から。
どのスクールにするか絞りこみましょう。

どのプログラミング言語を学ぶか決める

どのプログラミング言語を学ぶか決める時には、あなたのプログラミングを学ぶ理由から考えると良いでしょう。そこから、実際に作りたいものにまで落とし込んでいくと、必要とするプログラミング言語が見えてくるはずです。

Web製作に興味がある場合は、HTML・CSS・JavaScriptが学べるプログラミングスクールを選びます。Photohop・Illustratorなども合わせて学べると、ベターです。

アプリ開発が行いたいのであればSwift・Java、AI関連の技術に興味あるのであればPython、ゲーム制作ならC#など、学習の対象となるプログラミング言語の絞り込みができるでしょう。

Webサービスを作りたい場合にはRubyがおすすめ

Webサービスを作りたい場合には、Rubyがおすすめです。シンプルで質の高いWebサービスが作りやすくなっています。また、Ruby on Railsなどのフレームワークを利用すれば、学習が進めやすい点も魅力です。

オンラインと対面の受講スタイルを検討する

オンライン・対面といった受講スタイルの違いもプログラミングスクールを選ぶポイントです。以下で、その特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

オンライン形式について

まず、オンライン形式の特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

リアルタイムのオンライン形式でプログラミングを学ぶ人は約3割

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの資料によると、オンライン形式でプログラミングを学ぶ人の割合は29.9%とあり、約3割にのぼります。これは講師などからリアルタイムで授業を受ける方の割合。非リアルタイムのオンラインで学ぶ人は36.5%で、両方を合わせると6割を超えます。

「スキルがちゃんと身につくのか」「授業内容は信頼できるのか」など、オンラインで学ぶことに不安を感じている方も安心するデータではないでしょうか。

講義・マンツーマンの授業以外にも、チャットなどで不明点を質問ができるプログラミングスクールを選ぶと、さらに安心感は高まります。

オンライン形式のメリット

・対面形式よりも低価格
・好きな時に学習できる
・好きな場所で学習できる
・スクールに通わなくて良い

オンライン形式のデメリット

・人脈づくりができない
・回線速度など環境によっては快適に授業が受けられない
・対面形式よりも質問がしづらい

対面形式について

次に、教室に通う対面形式の特徴とメリット・デメリットについて解説します。

安心感の高い対面形式

対面形式は講師と直にコミュニケーションが取れるので、安心感が高いことが最大の特徴です。また、教室で同じようにプログラミングを学ぶ方と出会えるので、人脈づくりやモチベーションの維持も期待できます。

しかし、通学の時間がかかり、費用もオンラインよりもかかる場合が多いです。時間とお金との折り合いをつけることが求められます。

時間とお金をかけてもITエンジニアになりたいという強い気持ちがある方は対面形式を選ぶと良いでしょう。理想の転職を実現できれば、自分へ投資したお金は将来的に回収が可能。

また、初心者でプログラミングの学習が継続できるか不安な方も安心感の高い対面形式がおすすめです。

対面形式のメリット

・講師とコミュニケーションが取りやすい
・同じ志を持つ人と切磋琢磨しながら学習が進められる
・人脈づくりができる
・学習環境が整っている

対面形式のデメリット

・通学の時間と交通費が必要
・学習できる時間が制限される
・オンラインよりも費用が高い

対面+オンライン形式について

対面とオンラインの両方をサポートするプログラミングスクールもあります。
対面とオンラインのメリットを利用可能なので、効率的に学習が進められるでしょう。

ただし、このようなスクールは対面をメインとしている場合が多く見られます。無料体験などで、オンラインでどの程度のサポートが受けられるのか確認した方が良いでしょう。

講義形式のレッスンについて

講義形式は、一人の講師と複数の受講生で授業が行われます。
小学校・中学校の授業をイメージするとわかりやすいでしょう。

テンポ良く授業が進み、仲間が見つけやすいなどのメリットがあります。授業の時間が決まっているので、学習のリズムがつかみやすい点も魅力です。

自分が理解できていなくても、そのまま授業は進みます。また内容が簡単すぎるということも考えられるでしょう。自分のレベルに合った内容か確認する必要があります。

それと合わせて、つまずいた部分や掘り下げたい内容について、個人で質問できる環境の有無を確認しておくと良いでしょう。

マンツーマンのレッスンについて

マンツーマンは、講師と自分の一対一で学習が進められます。
自分のレベル合わせたスピードや内容で学習が進められ、わからないところがあればすぐに質問が可能。

オンラインレッスンと対面形式のどちらにおいても、マンツーマンのレッスンはモチベーションを保ちながら効率的に学習が進めやすいでしょう。

価格・受講期間・教材の確認も大切

プログラミングスクールを選ぶ時に重要なのは。
価格・受講期間・教材についても忘れずに確認をすることです。

価格は受講期間などの要素を考慮して比較する

価格は、単純な高い安いでは判断できません。プログラミングスクールの提供するサポートは学習内容は、非常に多様化しているからです。

「プログラミング学習の予算はどのくらいか」「どの程度の期間を学習時間として確保できるか」「自分が求めているプログラミングのスキルは身につくか」など、さまざまな要素から判断することをおすすめします。上記で解説している内容をぜひ参考にしてみてください。

お金はとても重要です。しかし、ITエンジニアを目指すのであれば、価格だけで選ぶのはやめましょう。未来の自分に対する投資として、納得できる結果が得られるであろうプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

教材は学習の効率を左右する重要な要素

プログラミングスクールは、効率的な学習を行えるオリジナルの教材を一般的には用意しています。授業がメインのプログラミングスクールであっても、自分で学習を進める時にはわかりやすいと感じる教材かどうかはとても重要。

わかりやすい教材は、自分一人でも学習が進めやすいです。そのため、プログラミングスクールでの学習をさらに質の高いものにできます。無料体験やWeb上で教材はしっかりチェックしましょう。

成果物も確認する

プログラミングスクールを選ぶ上で見落としがちですが、受講によってどのような成果物が得られるかも重要です。

「アプリが開発できる」「Webサービスがリリースできる」「資格が取得できる」など、スクールによって成果物は大きく異なります。

プログラミングスクールの探し方について

通うプログラミングスクールを探したい方に役立つ情報を紹介します。

プログラミングスクール22校を徹底比較

上記のプログラミングスクールの選び方のポイントを踏まえて、プログラミングスクールをまとめて比較検討したいという方もいらっしゃるでしょう。

以下の記事で、プログラミングスクール22校について詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

転職サポートが充実しているプログラミングスクール

プログラミングスキルの習得とITエンジニアとしての転職を確実に成功させたい方は、転職サポートが充実しているプログラミングスクールを選びましょう。

以下で、おすすめの3つのプログラミングスクールを紹介します。未経験からのITエンジニアへの転職を目指す方にもぴったりのプログラミングスクールです。

※記載されている内容は記事公開時点での情報です。サービス内容は予告なく変更の場合がありますので予めご了承ください。最新のサービス内容は公式Webサイトをご覧ください。

テックキャンプ エンジニア転職

テックキャンプ エンジニア転職は、「転職成功率98%」「エンジニア養成プログラムでNo.1を獲得」という高い実績を誇るプログラミングスクールです。

専属ライフコーチによる学習のサポートや専属アドバイザーによる転職支援により、プログラミングのスキルの習得とITエンジニアへの転職活動を効率的に進められます。

また、「短期集中スタイル」「夜間・休日スタイル」といった豊富な受講スタイルも魅力と言えるでしょう。

CodeCampGATE

オンラインのプログラミングスクールであるCodeCampの就職・転職にフォーカスしたスクールがCodeCampGateです。80%の受講者が、未経験からITエンジニアへの転職を実現しています。

7時から24時までマンツーマンのオンラインレッスンが受けられます。あなたのスタイルに合わせて、効率的にプログラミングの学習が進められるでしょう。

■CodeCampGATEの詳細

受講スタイル:マンツーマンのオンライン形式
公式サイト:CodeCampGATE(コードキャンプゲート)
受講できるコース:PHPマスターコース
受講期間:2カ月
料金:198,000円

GEEK JOB

未経験からプログラマーへの転職を目的としたプログラミングスクール「GEEK JOB」。企業から就職の成功報酬を得ているため、GEEK JOBは無料で受講が可能です。

転職支援が充実しており、転職率95.1%という高い実績を誇っています。土日や夜間など受講者の状況に合わせて授業が受けられるので、忙しい社会人の方も通いやすいでしょう。

■GEEK JOBの詳細

受講スタイル:マンツーマンの対面形式
公式サイト:GEEK JOB(ギークジョブ)
受講できるコース:GEEK JOB 転職コース
受講期間:最短1カ月
料金:無料

おわりに

この記事では、失敗しないプログラミングスクールの選び方について詳しく解説いたしました。「プログラミングの学習方法を調べる」「体験入学を利用する」「他のスクールと比較検討を行う」の3つの点を心がけることが重要。

ぜひ、あなたに最適なプログラミングスクールを選び、短期間で効率的にITエンジニアへの転職を実現ていきましょう。

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプがエンジニア転職の夢を叶えます

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ エンジニア転職は未経験者専用の教育プログラムだから、IT業界未経験・知識0でも大丈夫!
テックキャンプの受講生は、90%以上が非IT業界出身&99%がプログラミング未経験者です。それでも転職成功率は98.7%!
その秘訣は、オフラインでもオンラインでもやりきれる徹底したサポート体制。
まずは何でも相談できる無料オンラインカウンセリングで、あなたの悩みを聞かせてください。
「未経験からのIT転職」その第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement