【非デザイナーこそ必見!】日本の超有名デザイナー、アートディレクター13選

あなたは、日本の有名デザイナー・ディレクターをご存じでしょうか。


Webデザイン・インテリアデザイン・工業デザイン・アパレル系など、デザイナーの仕事にも色々な分野があります。

この記事ではポスター・ロゴ・CDジャケットなど、グラフィックデザイン系やCMをメインに手がけているデザイナー・アートディレクターを紹介します。

 

 

日本の超有名デザイナー、アートディレクター13選

非デザイナーも超有名デザイナーを知り、優れたデザインを知ることで次のようなメリットがあるでしょう。

 1. デザインの引き出しを肥やすことで、アイデアの幅が広がる。

 2. 優秀なデザイナーの考え方を知れる。

 3. 様々なデザイン技法を学べる。

 4. 多くの考え方の芯を知ることにより、自身の方向性へのヒントなる。

 5.「あのデザイナーのような方向性にしたい」など、他人とイメージの共有ができる。

 

 

小杉幸一 / Koichi Kosugi

プロフィール

kosugi_profile_photo-460x460
出典:RECRUIT

武蔵野美術大学卒。博報堂アートディレクター。

PARCOグランバザール「パルコ、アラ?!」、読売巨人軍「GIRLS’ GIANTS」、J.LEAGUE「男を競え」、KDDI「au鉄道王決定戦」など。JAGDA新人賞、カンヌ国際広告祭<DESIGN部門>GOLD、インタラクティブデザインアワードなど受賞多数。

出典:【クリエイター100選】第59回 小杉幸一(アートディレクター)

 

作品

もじにぎりimg_44701aa1f435fdc16126266c57354fa756575出典:ハーバード・ビジネス・レビュー

文字でお寿司を表現している作品です。玉寿司のキャラクターの提案から、派生したアイデアです。例えば、たまごのお寿司では「たまご」の文字を使って、たまごのお寿司を表現しています。

 

パルコ公式キャラクター「パルコアラ」

uid000036_2015082510364992d8c713

出典:喜んでくれるリアクションが広告制作の原動力 朝日新聞社メディアビジネス局 – @ADV

LINEのスタンプでもおなじみですね。また、CMやキャラクターとのコラボでも話題のキャラクターです。

 

小杉 幸一のデザインとは

美しいものなど、人を感動させるものは、言葉がつうじなくても、しっかりと見た人の心に〈根っこ〉を張り、そこから、また何か新しい芽が生まれるものだと思っています。

中略

僕らが日々クライアントの方とつくる広告は、多大な時間とお金がかかっています。そんな広告が、さらっと見落とされたら意味がありません。見た人の心にしっかりと根を張れるものをもっともっとつくっていきたいと思います。

引用:八幡功一 高橋秀行 『VOICE』株式会社博報堂、2015年

 

既存の優れたデザインから新しいアイデアを作りあげる小林幸一氏。ご自身でも語っているように、人の心にしっかりと印象つける作品が多く、最近では、スズキのHUSTLERが記憶に新しいですね。

 

 

佐藤 可士和 / Kashiwa Sato

プロフィール

1127-DSC_1780出典:GIZMODO

多摩美術大学を卒業し、株式会社博報堂を経て2000年独立。同年クリエイティブスタジオ「サムライ」設立。慶応義塾大学特別招聘教授、多摩美術大学客員教授。

ブランドアーキテクトとして、ユニクロや楽天グループのグローバルブランド戦略、キリンラガービールのパッケージデザインとコミュニケーション戦略、セブン-イレブンジャパンのプライベートブランドリニューアルなど数々のプロジェクトを手掛けている。毎日デザイン賞、東京ADC賞グランプリなど受賞多数。
出典:六本木未来会議

作品

■ロゴマーク

o0400021412588686172

出典:ALLOEKAKIのブログ

左上から順に、ユニクロ・楽天・セブンプレミアム・T-POINT・今治タオル・国立新美術館のログマークです。私たちの日常生活の中でよく見るロゴがとても多いですね。

 

佐藤 可士和のデザインとは

クリエイティブマインドを磨くための方法は、ひとつに限らずたくさんあると思いますが、その中でも僕が最も重要だと思うのは、「そもそも、これでいいのか?」という疑問を抱くことです。つまり、過去の慣習や業界の常識といった“前提”を疑う気持ちがないと、物事はダイナミックには変化していかないだろうとも思います。何の疑問も持たなければ、出発点である前提を一度も検証しないまま、走り出すことになってしまいます。もしもその前提が間違っていたとしたら、必然的に的外れな方向に行ってしまうことになり、問題解決したくても現状の枠組みから永遠に抜け出せなくなるのです。

引用:佐藤可士和 『佐藤可士和のクリエイティブシンキング』日本経済新聞出版社、2010年

 

クライアントが抱える問題を様々な視点から捉え、クライアントも気づいてなかった根本的な問題に切り込み、解決するデザインをされています。デザインだけでなく、打ち合わせの仕方など働き方にも注目したい人物です。

 

 

佐藤 晃一 / Koichi Sato

プロフィール

images
出典:HIROSHIMA APPEALS 2006

東京芸術大学を卒業し、資生堂宣伝部を経て、1971年に独立。グラフィックデザイナー。多摩美術大学名誉教授。

1985年東京ADC最高賞、1991年毎日デザイン賞、1997年芸術選奨文部大臣新人賞受賞。ニューヨーク近代美術館(MoMA)ポスターコンペ一席をはじめ多数の国際ポスターコンペで受賞。
出典:JAPAN DESIGN COMMITTEE

 

作品

■ミュージカルポスター 「シャボン玉とんだ宇宙までとんだ」 1989年

image_5

出典:creation G8

 

■印刷会社ポスター 「MANA SCREEN PRINTING CORPORATION」 2003年

image_6

出典:creation G8

 

■コンサートポスター 「ニュー・ミュージック・メディア」 1974年

image_4

出典:creation G8

印刷技術を最大限に生かし、東洋的かつ未来的なポスターで注目されてきました。その技法とともに、ポエジーな表現も有名です。

 

佐藤 晃一のデザインとは

デザイナーは常に客観的に自分自身を観察しなければならない。自分に溺れていいのは絵描きの世界だけだ。デザイナーは自分に溺れているように見せながら、心眼は冷徹でなければならない。そして自分を自分で判断しながら、自分をみることだ。

佐藤晃一は、自分の表現の空間を鋭利な計算で察知している。察知しているということは、要するに自分自身が見えているということだ。しかし彼の持つ美しい詩情は、その計算を越えたところから生まれている。

引用:佐藤晃一 『tokyo grafica-1 KOICHI SATO』六耀社、1990年

 

2016年5月に逝去された佐藤晃一氏。蛍光インキを使った、鮮やかで光るような東洋的作品で有名です。グラフィックがあまり認識されていなかった頃から、デザイナーとして活躍されてきました。

 

 

佐藤 卓 / Taku Satoh

プロフィール

pic_satoh-v02-01
出典:NIKKA LIFE

1979年東京芸術大学を卒業し、1981年同大学院を修了。株式会社電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所設立。

「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」等の商品デザイン、「ISSEY MIYAKE PLEATS PLEASE」グラフィックデザイン、「クリンスイ」グランドデザイン、「武蔵野美術大学 美術館・図書館」ロゴ、サイン及びファニチャーデザインを手掛ける。また、NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」企画及びアートディレクション・「デザインあ」総合指導、21_21 DESIGN SIGHTディレクターを務める。
出典:JAPAN DESIGN COMMITTEE

 

作品

■金沢21世紀美術館 ロゴマーク

file

 

出典:金沢21世紀美術館

建物の俯瞰図をそのままロゴにした作品。この俯瞰図は、多様な使い方のできる美術館のコンセプトそのものが表れていて、地図として使用することもできます。

 

■明治おいしい牛乳 パッケージ

meiji_04_2

出典:佐藤卓デザイン事務所

牛乳という身近な食品であることを邪魔しないデザインとなっていて、各々異なるフォントへのこだわりや消費者の目線の高さまで計算しつくされた作品です。

 

■カルピス パッケージ

calpis_02

calpis_05

出典: 佐藤卓デザイン事務所

プロダクトデザインにおいて、商品の個性を引き出すことを第一に考えている佐藤卓氏。この作品にも、その考えが反映されていることが分かります。

 

佐藤 卓のデザインとは

僕が2002年にデザインした「明治おいしい牛乳」には新しさはひとつもありません。僕がそこで重視したのは普通の牛乳にすることですから。複雑な処理をすることは、デザイナーにとっては簡単です。ただ、ほとんどの仕事は、発注されている時点で事情が混乱しています。だから要素を分解して単純にしなければと思っていました。その結果、「……あの牛乳のパッケージって、一体何をデザインしたんですか?」と言われるぐらいに、人に意図や処理を感じさせないものができたのはうれしいんです。そこまで日常になじんだのは、日本人にとっての牛乳に対して抱いているイメージの中の、もっとも「普通」なポイントを徹底的に追求したから。青と白の配色も、縦書の書体も、それまでの牛乳にもすでにあったものでした。でも「明治おいしい牛乳」では売場における子どもや高齢者の目線まで計算して、フォントの位置も0.1ミリの差まで調整して配置してあるのです。

引用:名言DB

商品の特徴やどんなシーンで使うものなのかを塾考し、無駄を省くことで、商品を際立たせるデザイン作品が多くみられます。計算され尽くされた考え方は参考にしたいところです。

 

 

澁谷 克彦 / Katsuhiko Shibuya

プロフィール

shibuya_profile_photo1-460x460
出典:RECRUIT

1981年東京藝術大学を卒業し、同年、資生堂宣伝部入社。クリエイティブ・ディレクター。

「SHISEIDO」「PERFECT ROUGE」「クレ・ド・ポー・ボーテ」「INOUI ID」「ZEN」「AYURA」など、企業やブランドの総合的なクリエイティブディレクション&グラフィックデザインを手掛ける。JAGDA新人賞、JAGDA賞、東京ADC賞、東京TDC金賞、NY ADC銅賞など受賞。

出典:RECRUIT

作品

■ポスター「SHISEIDO」

ƒvƒŠƒ“ƒg

出典:JAGDA

 

花椿

38?????out_CS3

出典:CREATION G8

両作品とも、幾何学な模様から浮かび上がる「SHISEIDO」「HANA」の文字が印象的な作品です。SHISEIDOのポスターでは、資生堂伝統の唐草模様とタイポグラフィーが上手く融合されています。

 

資生堂入社以来、伝統的な唐草模様をモダンなものに昇華させるなど、時代の移り変わりや資生堂のイメージの変化に合わせて、デザイナーとして次のステップへと動かしてきた姿勢や物事の捉え方は、とても参考になります。

 

中島 信也 / Shinya Nakajima

プロフィール

nakajimashinya_profile_photo-460x460出典:RECRUIT

1982年武蔵野美術大学を卒業し、東北新社へ入社。翌年CM演出家としてデビュー。代表作にカップヌードル「hungry?」、サントリー「伊右衛門」、NTTドコモ「渡辺謙さん」「堀北真希さん」「桑田佳祐さん」シリーズなど。

出典:RECRUIT

作品

■日清食品カップヌードル「hungry ? シリーズ」のCM

今では、当たり前の技術となったCG。当時はまだ出始めたばかりで、新たな挑戦でもありました。

 

■サントリー燃焼系アミノ式「グッパイ、運動。シリーズ」のCM

初めは目を疑ってしまうほど、意外性のある活き活きとした動きのあるCMは覚えている方も多いのではないでしょうか。

■サントリー DAKARA 「小便小僧シリーズ」

 

飲料のCMなのに、メインキャラクターとして小便小僧が登場し、衝撃が走りました。

 

中島信也のデザインとは

本当は、広告主としては商品のことだけを言いたいと思うんです。でも、それだけでは視聴者に興味を持ってもらえない。例えば、電話を掛けられるオニギリがあったとしたら、「電話ができるオニギリです!」と言っただけでものすごくインパクトがありますけど、普通そこまで商品に特徴はないですから、どういう芸で見せて、商品を好きになってもらうか。これが非常に大事。いま、そんなふうに考える広告主が少なくなってますね。サントリーさんは、商品を売るのと同じくらいに、CMで見る人を喜ばせなければいけないと思っている会社ですが、ほとんどの企業は、面白くなくてもいいからとにかく商品をだしてくれという。そんなときは、「いや、コマーシャルというのは、普段みんなスルーしてしまうものですよね。だからまずは面白いと思ってもらわないと、商品のしょの字もみてもらえませんよね」と説明するんですけど、「わかった。でも商品をもっと大きく映して!」「いや、だから…」って(笑)。ぼくとしてはCMがつまらなくなることで、テレビそのものが見られないメディアになっていくことを心配しまして。世間一般の風評として「やっぱりテレビコマーシャルって面白いよね」ともっと言われるようにするためにも、芸の部分って大事だと思ってるんですが。

引用:安田英樹 『クリエイターズ・トーク13人のクリエイティブ講義』青幻舎、2012年

テレビを視聴していても、流されがちなCM。その中でインパクトのある作品を制作し、消費者へ商品の印象を深くつけることに長けられています。インパクトがあり、面白いものを作るアイデアは並大抵のことではありません。

 

永井 一史 / Kazufumi Nagai

プロフィール

10291300_KazufumiNagai
出典:DESIGN TOUCH Conference

1985年多摩美術大学を卒業し、株式会社博報堂へ入社。2003年、株式会社HAKUHODO DESIGNを設立。デザイナー・アートディレクター・クリエイティブディレクター。
2007年にデザインを通じた社会的課題の解決に取り組む、+designプロジェクトを立ち上げ、2008-11年、雑誌『広告』編集長を務める。
毎日デザイン賞、クリエイター・オブ・ザ・イヤー、ADC賞グランプリなど受賞多数。
出典:JAPAN DESIGN COMMITTEE

 

作品

■京都福寿園伊右衛門 CM

20060329_11出典:PRW

京都の老舗お茶屋と組んで商品開発された「伊右衛門」。その成り立ちや想いといった物語に起点を起き、ブランディングされた作品です。

 

永井一史のデザインとは

僕があらゆる仕事で大切にしているのは、どうすればブランドが売れるかではなく、引いた視点から俯瞰してみてブランドをとらえることです。少し大げさにいえば、そのモノやコトが世の中に存在する意味といったところまで広げて考えるわけです。たとえば、最近手がけた年賀状キャンペーンの場合、年賀状というモノだけを表現しては駄目なわけで、それが存在する根本的な意味を伝えようと考えました。

引用:名言DB

 ただ単に、目の前にある商品や訴求物だけに着目するのではなく、存在意義という原点からアイデアを膨らますことで、ブレのないブランディングとデザインをされていて、ブランドを作りあげるとはどのようなことを永井一史氏から学べるのではないでしょうか

 

 

永井 一正 / Kazumasa Nagai

プロフィール

nagaikazumasa_profile_photo-460x460出典:RECRUIT

1951年東京藝術大学を中退。デザイナー。

1960年日本デザインセンター創立に参加。現在、最高顧問。1960年以後、日宣美会員賞、朝日広告賞グランプリ、日本宣伝賞山名賞、亀倉雄策賞、勝見勝賞、ADCグランプリ、毎日デザイン賞、毎日芸術賞など多数受賞。
出典:JAPAN DESIGN COMMITTEE

 

作品

■ロゴマーク 東京電力

tepco

出典:王道を征く永井一正のデザイン

正円のみで構成されたロゴは、あまりにも有名ですね。ご本人は言及していませんが、一部では核分裂反応の様子を表しているのではと囁かれています。

 

■ポスター 「Japan 3」

a0155815_1140638

出典:ガレリア・イスカ通信

今まで抽象画を得意としてきた永井氏が、具象画に挑戦し始めた際の作品。わびさびと絢爛さを一つの装飾性として取り入れています。

 

永井一正にとってデザインとは

デザイナーの用いる道具が、カラス口からコンピューターに替わり、とかくいわれがちな「表現の画一化」について、最終的にその中で生き残っていくデザイナーというのは、個性のある人ですよね。自分の個性を発見できる人、と言い換えてもいいでしょう。佐藤可士和、野田凪といった人たちがその典型であると思います。もちろんそうした個性は、クライアントや商品との組み合わせがマッチしているという条件でこそ存分に発揮できるものでしょうし、企業のブランディングに自己のデザイン力を重ね合わせていくプロセスでは、自分だけでコントロールできない条件も付くと思います。だから個性を発揮するには、運も必要かもせれません。

引用:石田純子 『デザイナーへの道を知る30人の言葉』株式会社美術出版社、2009年

自身の個性を確立しながらも、抽象画という得意分野だけでなく、周りの批評を押し切って新たな分野にも挑戦する判断力は、デザイナーとして成長するためのロールモデルの一つともなります。

 

長嶋 りかこ / Rikako Nagashima

プロフィール

nagashima_profile_photo-460x460

出典:RECRUIT

2003年武蔵野美術大学を卒業し、同年博報堂へ入社。グラフィックデザイナー。

ラフォーレ原宿やメルセデスベンツファッションウィークの広告をはじめ、坂本龍一氏によるYCAM10thコンサートのデザイン、YVAN VALENTINのロゴ&パッケージデザイン、現代美術家の宮島達男氏とともに活動するアートプロジェクト「Peace ShadowProject」など、グラフィックデザインを基軸に幅広く活動。

出典:academyhills

 

作品

■ラフォーレ原宿の年間広告

d0151827_2472379

出典:kilico

東日本大震災の翌年からラフォーレ原宿の年間広告を手がけてられています。マイナス的な空気が漂っていた中で、エネルギー溢れる作品です。

 

■Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2014 S/SのキービジュアルJFW_A3poster_main_0903_ol_cs5

出典:kilico

ファッションデザイナーが服をデザインする際に、紙にイメージを描き起こす様子をデザインした作品です。

 

長嶋りかこのデザインとは

広告の現場では、「なんかいい」ではなくて、何がいいのかをハッキリ言葉で伝達できないと、弱いものになると言われます。私も企画やアイデアにおいてはそうだと思っているんですが、表現においては、どこかに「なんかいい」がないと、きっと動物的な引力が減ってしまうような気がするんです。

引用:前島そう 『美しいデザイン7人の女性アートディレクター その視点と考え』株式会社誠文堂新光社、2010年

ロジカルな点を押さえつつも、感覚的かつ魅力的なデザインで人の心を惹く作品が多い長嶋りかこ氏。デザイナーとして知識をそのままインプットするだけでなく、忘れてはいけないことを示してくれます。

 

 

服部 一成 / Kazunari Hattori

プロフィール

hattori_profile_photo-460x460

出典:RECRUIT

1988年東京芸術大学を卒業し、同年ライトパブリシテイ入社。2001年4月よりフリーランスのアートディレクター、グラフィックデザイナーとして活動。
キユーピー「キユーピーハーフ」 、ホンダ「MOBILIO」、キリン「淡麗グリーンラベル」「にごり果実」などを手掛ける。

出典:服部一成プロフィール dddギャラリー

作品

■キューピーハーフ

office

love

出典:FELISSIMO

キューピーハーフの新鮮さを演出するために、はじめて字を書くように、外国人が日本語を書くように意識して書かれた作品。

 

服部一成のデザインとは

頭で考えて、こうなるはずだと思っても、出来上がったものがつまらないというのは、よくありますよね。デザインって、うろうろ動き回りながら、出口を探すみたいなところがある。逆に言うと、意味や理屈に縛られないでうろうろできる余地を常に確保しておかないと、と思います。

引用:OJO

「偶然さ」というリアルを求めて作品つくりをしている服部一成氏。しっかりと意図を持ちながらも、余白を大事にするデザインが個性的です。思い通りにいかないデザインの過程を楽しむ感覚は見習いたいものですね。

原 研哉 / Kenya Hara

プロフィール

hara_sm
出典:武蔵野美術大学基礎デザイン学科

1983年武蔵野美術大学大学院を修了。同年日本デザインセンター入社、現在同社代表。グラフィックデザイナー。2003年より武蔵野美術大学教授。

長野オリンピック開・閉会式プログラム、EXPO2005愛知公式ポスター、AGF「MAXIM」、無印良品アートディレクション、森ビルVI、NTT「らくらくホンベーシック」などのデザインを行う。世界インダストリアルビエンナーレ大賞、毎日デザイン賞、ADCグランプリ、亀倉雄策賞、原弘賞など、内外の受賞多数。

出典:JAPAN DESIGN COMMITTEE

 

作品

■MUJI

1

7

5

出典:HARA DESIGN INSTITUTE

できるだけ何もデザインしないをテーマ掲げ、無印良品の仕事に出会ったことで、より一層その思いは加速しといいます。

 

■蔦屋書店

l2

l4

l3

出典:HARA DESIGN INSTITUTE

ドットで構成されたデザインは、創業当時からの顧客である団塊世代に向け、新なライフスタイルを提案しています。

 

原 研哉のデザインとは

すべてのものはデザインされている。コップもテーブルもペンも、紙1枚ですら人の知恵を経て創られている。その摂理を知ったら、むやみに肩に力を入れて造形をやる必要はない。周りの環境に満ちている力を、うまく差配していくだけで十分じゃないか。そう思うようになったんです。

引用:NIKKA LIFE

元々シンプルなデザインは西洋的なものです。しかし、簡素でありながら、精錬されているという日本的なデザインも融合されいて、海外でも新なデザインとして評価されています。

 

 

松永 真 / Shin Matsunaga

プロフィール

matsunaga_profile_photo-460x460

1964年東京藝術大学を卒業。グラフィックデザイナー。

ポスター、CI計画、パッケージなどのグラフィックを主軸に、ドローイングや、モニュメントまで、広範囲なクリエイティブ活動を行う。ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞・名誉賞、毎日デザイン賞、芸術選奨文部大臣新人賞、紫綬褒章、亀倉雄策賞など受賞多数。

出典:RECRUIT

 

作品

■ロゴマーク ベネッセ

benesse

出典:爽風会のロゴマークについて

お客様から地域・社会に支持され、必要とされる企業にグループを目指し、それを青・黄・赤で表し、教育や成長を想起させる作品です。

 

■パッケージデザイン スコッティ

Šî–{ CMYK

出典:whoswho

コンペでの依頼条件には、花柄モチーフ・規定の商品ロゴを使用するという条件に反し、商品の高品質なイメージをより的確に伝えるために、このデザイン案を提出したところ、採用された作品です。

 

松永 真のデザインとは

デザイナーに必要なのは自己との戦いクライアントがOKしても、自分で納得できないものは世に出さない。そのくらいの矜持(きょうじ)を持って挑むことです。そして、いつも白紙の状態でいること。純真な気持ちで対象とするものの本質を見極め、吸収することで、多様性のあるデザインが生まれるのです。

引用:小川雄一 「デザインノート グラフィックデザインの黄金時代 デザインの巨匠たち」2012年

 

課題解決のために、クライアントや周囲の声に惑わされず、課題を見つめ直すことは本質的な考え方であり、デザイナーには必要不可欠な要素です。

 

 

森本 千絵 / Chie Morimoto

プロフィール

20140509-willhappinessfindme-photo10

出典:CINRANET
武蔵野美術大学を卒業し、博報堂入社。goen°主宰、コミュニケーションディレクター。

東日本大震災後に放送された、復興支援CMサントリー「歌のリレー」でADCグランプリ初受賞。
オンワード樫山「組曲」、NHK連続テレビ小説「てっぱん」のオープニングタイトル、ミュージシャンのアートワーク、本の装丁、映画や舞台の美術、保育園や動物園のディレクションをなど、多岐に渡って活躍する。
日経ウーマンオブザイヤー2012・準大賞、第四回伊丹十三賞など、多数受賞。

出典:goen°

 

 作品

■Mr.Children SENSE アルバムジャケット

ID_0133
ID_0218

出典: goen°

アルバムの内の1曲だけ聴き、左側の青とピンクの帯は曲中にもある、油と水のような「真逆センス」を表し、クジラはそれを超えるために必要な「目に見えないもの」を表現している作品です。

 

■Mr.Children HOME アルバムジャケット

 

ID_0128

出典:goen°

命とは何かを考え、当たり前の出会いの中にも必然的な出会いがあることを表現した作品です。

 

■歌のリレー サントリーCM

東日本大震災後、著名人71人が歌つなぐこの企画は多くの人々を励ましました。森本千絵氏は、演出として参加しています。

 

森本千絵にとってデザインとは

よく仕事と生活のバランスについて質問をされるんですが、私は仕事と生活を分けて考えたことは1回もないです。仕事とはまったく離れられないし、私の中にオン・オフという感覚はない。この仕事は生きている限り続けるし、もう境が分からないですね。どこまでが生活でどこからが仕事なのか。
生きている中で出会ったすべてがアイデアであり、あらゆることにつながる「ご縁」だと思っています。

引用:parismag

縁に自分のコンセプトを見出し、自身でもクリエイター集団・goen°を主宰するほどです。作品を作り続ける中で、これだと思えるアイデア・コンセプトに出会えたら追求し続けるのも、デザイナーの一つの道だと思います。

 

Webデザインを学んでみよう。

Webデザインとは何なのか、効率よくWebデザインを学ぶためにおすすめのスクールや手法をご紹介します。

Webデザインを勉強したいというかたは下記の記事を参考にされてください。

 

Webデザイン学習に役立つ記事

【Webデザイン初心者必見】役立つ学習サイト・参考書20選

【Webデザイン】社会人向け参考サイト・参考書10選

 

Webデザインが学べるスクール10選

この記事ではポスター・ロゴ・CDジャケットなど、グラフィックデザイン系やCMをメインに手がけているデザイナー・アートディレクターを紹介します。

【東京版】Webデザインが学べるスクール10選

 

Webデザイントレンドまとめ

下記記事では、今年流行した代表的なデザイン手法やトレンドカラーなど20選を徹底解説します。また、2017年のトレンド予測やデザインスキル向上に役立つおすすめサイトもご紹介しています。

2016年のWebデザイントレンド完全まとめ 手法・表現20選

まとめ

13人のデザイナー・アートディレクターをご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?各人とも自身の考えを持ち、追求し続けることで、より次のステップへと成長し続けています。

デザインと考え方は、表裏一体です。技術面だけでなく、思考力も養っていきましょう。また、非デザイナーの方でも、生き方や働き方など参考になるはずです。

気になるデザインを発見した際には、デザイナーを調べてみると良い機会になるのではないでしょうか。

 

TECH::CAMPについて

TECH::CAMPは、講義形式で知識だけを学ぶのではなく、実際にサービスを作りながら実践的に学んでいきます。

TECH::CAMPならプログラミングが、なんとなく分かるではなく、一人で出来るようになります。

また、質問し放題のため、分からないところを質問しすぐに解決することで、どんどん新たなスキルを身につけることができます。

この機会にプログラミングを学びませんか?

rgbtechnote2-01

TECH::NOTE TECH::NOTEが書きました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    記事をシェア→