【徹底解説】「Atom」のインストール・日本語化 ・便利機能

あなたは、2015年6月25日に正式版v.1.0.0がリリースされたテキストエディター「Atom」をご存知でしょうか。

または、使ってみたいけれど使い方が分からず悩んでいませんか。

今回、この記事では「Atom」の日本語化や便利機能についてご紹介します。

「Atom」は、その機能や作業効率の良さから開発者だけでなく、ブログなど文章を書く方にも好まれており、拡張機能も数多く公開されていて、既に100万人以上の固定ユーザーがいます。

一方で、Atom のデフォルト言語は「英語」で設定されているため、操作が分かりにくく断念してしまう方もいるようです。

そこで、本記事では皆様の役に立つAtomの日本語化をはじめとした基本機能をご紹介します。インストール方法も丁寧に解説しているので、記事をご覧になった後にすぐに実践して頂けます。

 

 

基本的な利用方法

今回は、Mac OS Xを例にご説明します。

Atomのインストール方法

・ダウンロードする

まずこちらの公式ページからAtomをダウンロードしましょう。

公式ページ:Atom
Atom_🔊

 

・アプリケーションを移動

ダウンロードしたファイルを展開すると、緑色のアイコンが出てきますので「アプリケーション」のフォルダにドラッグアンドドロップで移動させます。

スクリーンショット_2016-08-18_7_35_46

 

・起動させる

アプリケーションの一覧画面に緑色のアイコンが表示されたら、クリックして起動しましょう。
スクリーンショット_2016_08_18_7_54
アプリケーションを開いて、このように表示されたら成功です。

Atom

 

日本語化メニューの表示

このままでは、使いづらいので日本語に対応させるための変更を行いましょう。

① ツールバーの「Atom>Preferences」を選択

Atom日本語化

 

② 左のメニューから「+Install」を選択し、次のような画面を表示します。
スクリーンショット 2016-08-25 18.39.04

 

③ Install Packages すぐ下の検索フォームへ「japanese-menu」と入力して検索します。

次のように表示されるので、Installボタンを押しましょう。
スクリーンショット 2016-08-25 18.40.28

 

④Installが完了すると、次のようにメニューが日本語対応されました。

スクリーンショット 2016-08-25 19.07.11

 

さらに便利になる活用法

Atomでは、数多くのパッケージがオープンソースで公開されています。そのままでも十分な機能がありますが、好みのパッケージを追加することでより使いやすくなるでしょう。

ここでは、パッケージインストールの方法とインストール済みパッケージの有効化の方法をご紹介します。

 

新規パッケージのインストール方法

① 「Atom>Preferences」を選択します。(日本語化の場合は「環境設定」より)

② 左のメニューから「+Install」を選びます。(日本語化の場合は「+インストール」)

検索フォームから追加したいパッケージの名前を入力して検索します。

③ 検索結果からインストールしたいパッケージの「Install」ボタンをクリックして完了です。
Atom

 

インストール済みパッケージの有効化

今までにユーザーから好評だったパッケージはAtomに標準搭載されています。設定の変更(有効化)を行いましょう。

①「Atom>Preferences」を選択します。(日本語化の場合は「環境設定」より)

② 左メニューの「Package(パッケージ)」を選びます。

検索フォームに有効化したいパッケージを入力して検索します。

③ 「Community Packages」「Core Packages」「Development Packages」のいずれかに検索結果が表示されます。

「Enable(有効にする)」ボタンを押します。

※Disable(無効にする)になっている場合、既に有効化されているということです。
ggdfgf

 

便利なパッケージ紹介

language-言語名 (リンク先はlanguage-ruby): 言語に応じたシンタックスハイライト機能を実装できる機能です。

下記のように属性ごとに色が分けられ、とても見やすくなります。

grgrgr

 

Markdown Preview(インストール済み):Markdownで記述したコードが、リアルタイムでプレビューしながら書け、なおかつHTMLの出力もできます。

【基本的な使い方】
「control + shift + M」でリアルタイムプレビュー機能が起動します。

heeeeeeee

 

右クリックでHTMLを出力することも可能です。
Markdown Preview

 

Color-picker : 色コードを直感的に選択できます。
出力形式もRGB・HEX・HSL・HSV・VECと選択できるので、形式変換したいときにも便利です。

fdaerge

 

merge-conflicts : Gitでマージした際、Conflictsが発生した場合の修正を手助けする機能です。GUIが分かり易く、簡単に使える点がおすすめポイントです。

 

tabs-to-space : TabのSpace変換、SpaceのTab変換を行えるようになるパッケージです。他の人が編集したファイルなど、既にTabが入っていても自動でSpaceに変換してくれる優れものです。

 

まとめ

今回はAtomの基本的な利用方法から作業効率を格段に良くするパッケージをご紹介しました。

デザインの変更方法やおすすめの設定、ショートカットについては、下記の記事を参考にしてみてください。

ぜひこの機会に「Atom」を試してみてはいかがでしょうか?

関連記事を読みたい方はこちら

【Atom】開発が10倍捗る!おすすめ設定・パッケージ・ショートカットをご紹介

【最強のテキストエディタ】「Vim」入門

 

TECH::CAMP EXPERTについて

TECH::CAMP EXPERTは最短2ヶ月でプロのエンジニアになれる即戦力エンジニア育成プ ログラムです。

即戦力レベルのエンジニアになれる教育コンテンツから就職先の支援まで、どこよりも最 高品質の教育体制であなたのエンジニアとしてのキャリアをお約束します。

対象は完全未経験者なので、異業種からの転職や全く違う職種からのキャリアチェンジが 可能です。

もちろんエキスパートコース以外の授業コースもございます。学習にお役立てください。

麳聖貴 麳聖貴が書きました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プログラミングをもっと勉強してみませんか?

当メディアを運営しているプログラミングスクールTECH::CAMPの
お試しカリキュラムが、今なら無料でご覧いただけます!



    メールマガジン登録でTECH NOTEの最新情報とカリキュラムを受けることができます

SNSでもご購読できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事をシェア→

無料プログラミング体験会!×

日本最大規模のプログラミングスクールTECH::CAMPの説明会に参加! 無料体験会申し込み