一度自分で作った経験があると自信が持てる

TECH::CAMPの千田です。今回は東京大学院情報理工学系研究科の古池 香里 さんの受講インタビューをさせていただきました。

プログラミング学習歴(TECH::CAMP受講前)

1年

TECH::CAMPの受講タイミング

2015年3月頃

プログラミングを学習しようと思った理由

プログラミングは、大学院での専攻の関係上必要で、授業で学んでいました。けれど、苦手意識が強く、プログラムを読んで改造することはできても、自分で全てを作り上げることは難しかったので、学校外でも学ぶ必要性を感じました。

TECH::CAMPを選んだ経緯

きっかけは友人からの誘いです。初心者でも受講でき、短期間でアプリ作りができる、というのが魅力的で受講を決めました。オフィスに好きなだけ通えるのも良かったです。

カリキュラム(TECH::MASTER)はどうでしたか?

Rubyは少し経験があり、最初は「簡単!」と感じましたが、徐々に難しくなりました。けれど、やり甲斐がありましたし、分かりやすい資料のおかげで問題なく進めることができました。

メンターの対応はどうでしたか?

アプリ製作の時には、やはり困ることも多く、よくメンターの方のお世話になりました。思いも寄らない方法で解決して下さったり、メンターの方にとって初めてのことも一緒に考えて下さったりと、とても丁寧な対応でした。

<キャンプコースの方のみ>教室の雰囲気はどうでしたか?

誰もが集中していて、最初は休憩時でさえ話しかけづらかったのですが、徐々に常連の方と顔見知りになり、色々な話ができて楽しかったです。メンターさんは最初からずっと気さくでした。

普段の生活との両立はどうでしたか?

受講したのは春休み中でしたし、用事のある時は行かなくても大丈夫だったので、問題ありませんでした。シフト制でしたが、席は空いていたので、シフト以外の日にも行っていましたよ。

プログラミングを勉強してみた感想をお願いします。

自分の思い描くものを実際に形にできるのはとても楽しく、もっと色々作りたくなりました。卒業研究でもプログラミングが必要だったので、勉強しておいて良かったです。

受講後どんな変化がありましたか?

プログラミングへの苦手意識が薄れ、楽しんで取り組めるようになりました。Ruby on Rails を使う機会は少ないのですが、他の言語でも一からコードを書けるようになりました。エラーが出ても、自分で調べて解決する力が身に付きました!

受講で身につけたスキルを活かして今後どう使っていきたいですか?

現在はHP作りを勉強中で、起業する友人のHP作成を手伝っています。完成したら公開する予定です。初めて勉強するJava Scriptやアクセス解析、デザインなどに悪戦苦闘していますが、受講して身につけた力をフルに活用していきたいです。

TECH::CAMP全体に対する感想があればお願い致します。

卒業生でもイベントに誘っていただけるのは嬉しいです。

TECH::CAMP受講希望者へメッセージをお願いします。

一度自分で作った経験があると自信が持てます。頑張ってください!

TECH::CAMPについて

TECH::CAMPはあなたを最先端のスキルと知識を身に着けたテクノロジー人材に変えます。 講義形式で知識だけを学ぶのではなく、実際にサービスを作りながら実践的に学んでいきます。 独学では、わからないことを調べることに膨大な時間がかかりますが、TECH::CAMPは教室やオンラインでメンター(講師)へ質問し放題です。
プログラミングが「なんとなく分かる」ではなく「形になるものを作る」にコミットします。 プログラミング以外もデザインやVR・3Dゲームなどコンテンツが多数あり、月額で全て受講可能です。

古池 香里 さんのご紹介で無料体験会に参加しませんか? すでに10000人以上が参加しており、スクールに通わなかった人にも「来てよかった」と95%の方に満足をいただいています。
お申込は こちら